タグ別アーカイブ: エスクラリネット

3Dプリント工作 タル

3Dプリンタでタル(バレル)作りに挑戦してみました。

ネットにあった概略図を参考に、CADソフト(Fusion360)でスケッチ図を作成。具体的な寸法は、ノギスで実測しながら試行錯誤で採寸した。外形の曲線は、インボリュート曲線を目見当で?

 

 

これを3Dプリンタのスライサーでパラメータを変えながら、数回のプリント。ABS樹脂230度、ベッド温度70度をベースに、積層密度を03mmや0.2mmに、充填やサポート材もいくつか試行錯誤。FabLabでの工作支援ネタになりそうだ。

 

当然ながら心配プリントもいくつか。プリントできても、はめ合わせ部分のすり合わせのために、曲面砥石をかけたりも必要になった。デジタル工作でも、やっぱり最後の仕上げは手加工が必須なんだ。なんだかんだで、同じようなタルがいくつも・・・。

で、これを実機に装着してみたら…。思いのほか、ちゃんと音が出た!!おもしろーい!

 


ほぼ100円工作 リードーケースその2

前作に気をよしくて、再び100円工作に挑戦。今回は、100円ショップで調達できたのは止め金具だけ。木材と丁番はホームセンターとなって400円余りかかってしまった。あらためて100円ショップに脱帽です。

ホームセンターなので、さすがにアガチス材は手触りもよく美しい。が、手のこぎりでの縦引きが究極的にへたくそなため、材料の切り出しが直線にならず、これが結果的にゆがみの原因になってしまった。そういえば学生時代も縦引きは苦手だったな。次はレーザーカッターを考えよう!

なんとか5mm厚のアガチスを所定の寸法にカット。これをボンドで組み立ててから、角をカンナ掛けで仕上げ。丁番と止め金具を取り付けたあとは、前作と同じように斜めに差し入れたアクリル板をコルク板で固定した。ふた側にも抑えのためのコルク板を張り付けて完成。

手持ちのアクリル板が底をついてきて、2枚の板を組み合わせたら、ちょっと段差ができてしまった。なにより外側の工作が雑だったために、上下の大きさにちょっと(かなり)ずれも!ま、用を足すようだから良しとしよう。


リペアマン見習い?

見よう見まねのリペアマン見習いに挑戦してみました。

どうにもコルクが緩いので、これをはがしてから、ゴム系ボンドでコルクを接着。十分乾いてからナイフで荒削りした後、サンドペーパーで仕上げ。文字で書くと簡単ながら、これは結構熟練がいる。

今回の管体は樹脂のためか、ゴム系接着剤(G17)のつきが悪く、どうしてもコルクが緩んでくる。仕方がないので、今度は瞬間接着剤で止めてみた。瞬間接着剤はすぐに固化するけれど、コルクにしみ込んでコルク自体が固くなってしまうのが難点。

何とか形はできたけれど、これでは見習い’(も)失格かな。

ちなみにバレルは、プロのリペアマンによる修理後のもの。内側に接着した跡が見える。無理をするとまたはがれてしまうそう。というわけで、マウスピースは外さないまま収納することに。幸い樹脂製は水分で割れる心配はないので安心です。