カテゴリー別アーカイブ: system

結局bootcampに

MacでWindowsを、というVM計画は、結局Bootcampに落ち着きそうです。(またO氏に専門は何?って怒られそう)

Mac上のアプリとして動くVMware Fusionの手軽さは捨てがたいものの、非力なハードウェアでは、ヘビーなゲームはやはり動かない(実用に耐えない)。決してゲームがやりたいわけではないので、あくまで可能性の話。

第一の目的は、授業でWindows10の説明が必要なのに、まともに動くノートPCがないということ。XPや7はあるのにねえ。いちいち「10の場合はね」って説明するのも面倒になってきた。(余談ながら12年前のXPノート”Let’s Note CF-R3″は、いまでもちゃんと動く。サポート切れだからって捨てられません。)

BootCampでは、専用のパーティションを確保する必要があり、切り替えには再起動時に起動パーティションを選択する必要がある。直接互いにファイルをやり取りできない。再起動は意外と遅いと、デメリットもあるけれど、メモリやCPUを全て使えるのは大きい。ちなみにTobii EyeXもちゃんと動きました。

BootCampアシスタントユティリティを使ったインストールは、インストール用のUSBメモリ(ユティリティではUSBフラッシュメモリって書いてある)さえあれば、ただ待っているだけ(1時間はかかる)。でも、なぜか追加ファイルのダウンロードができず、途中で止まること数度。結局日を改めて無事完了しました。インストール後にもなぜかスピーカーから音が出ない、内蔵カメラが使えないと、トラブルも残っている。MacBookハードのWindows用ドライバってどこから手に入れるのだろう??

 


Macの仮想マシン

MacboolAirにVMware fusion(評価版)をインストールしてみた。ファイルをダウンロードするだけで、インストールはいとも簡単。

ゲストOSとしては、Windows10 Pro(64bit)。こちらもISOファイルをダウンロードするだけ。VMwareにISOファイルをドロップすれば、WIndowsのセットアップが始まって、待っているだけで、こちらもいとも簡単に終了。クリーンインストールが完了でした。普通のPCにWindowsを新規インストールするより数段簡単です。(もちろん、Windowsのライセンスは別に必要)

 

 

MacBookAirはメモリが4GBと少ないため、ゲストOSへの割り当ても1GBだけ。でもWindowsはそれなりのレスポンスで動く。ネットワークも問題なし。あっけないほど簡単で、これはいいかも。

価格9980円に見合うかどうか・・。

 

もう一つ、無料のVirtualBoxもある。Windows版のVirtualBoxではうまく動かせなったけれど、Mac版はいたって簡単に動いた。VMwareと同じく、起動後ISOファイルを読み込ませるだけ。さすがにVMwareよりは動作はもっさりしているけれど、耐えられないほどではない。アプリケーションを入れればまた変わるのだろうけど、メモリも2GB程度で十分な様子。

さすがにVMware、VirtualBoxとも、どちらもかなりメモリを使うので、ホスト側(Mac)のアプリは動きがカクカクする。Windowsの一時的な動作確認だけなら、これで十分かも。

VMには、ほかにもParallels(8500円)があるらしい。こちらもまた試してみましょう。

 

 


Macのストレージ増設

Macbook airの内臓ストレージが残り少なくなって来たので、増設を敢行。実際には内蔵SSDの交換で、120GBを240GBにしました。データ移行はmacの標準ユティリティで簡単。macってよく考えられてますねえ。

専用ドライバで裏蓋を開けて、SSDを差し替えれば、いとも簡単に終了。MacBookairの中身って、ほぼバッテリなのね。

あとは、これに何かしらのVMを入れて、windowsをいれたいところ。Virtual Machineは何がいいのでしょう。どなたか教えてください。

交換前
交換後
使ったSSD

マルチブート

どうしてもwindows10でないと動かないソフトがあったので、仕方なく、メインPCにWindows10をインストールしました。いろいろあって、試行錯誤を繰り返した結果、ブート画面がこんなことに。

HDDからSDDへの切り替えもあって、Windows7が3つもある。Windows10も7からクローンをつくってアップデートしたらドライバなどがおかしくなった。おまけにEnterprise版ではソフトが動作せず、Pro版もクリーンインストールするはめになった。5つのマルチブートはいずれ整理しないと。

Windows7のサポートも切れるらしいし、学生PCは10になってきているので、10へ移行しなくてならないけれど、UIはなかなか馴染めない。スタートメニューのプログラム一覧がなんだか使いづらい。仕事用はまた7がメインかな。

windows10のインストールは簡単になったけれど、途中の画面表示が変わらず、何をやっているのかわからない。フリーズしたと思ってリセットをかけたりせず、ずっと待っていればいいようだ。これも親切設計なんだろうな。(実は待ちきれずに3回もリセットしてしまった)


ノートPCのCPU換装

訳あって、ある方のノートPCをお預かりし、整備を行うことになりました。数年前のPCでずっとお蔵入りだったこともあって、やや力不足。

  • 対象PC
  • EPSON Endeavor NJ3300
  • Celeron  1.8MHz
  • Windows7 Home Premium

最近EPSON機はあまり触ったことがなかったのですが、調べてみると、マザーボードをはじめとしてASUSベースらしい。CPU換装もできるということなので、さっそく〇mazonでCore i5(2.67GHz)の中古品を見つけてゲット!
届いたゆうパックには、恐ろしく簡素でスポンジの上に載せたCPUがビニール小袋に入っているだけ。さすが。これで3000円弱!

Core I5 M560
Core I5 M560

ノートPCの裏蓋にあるねじを4つ外すと、すぐにCPUとメモリが見える。ヒートシンクとファンを止めているねじ7本を外せば、すぐにCPUが取り出せる。ここまで5分!。

CPUを載せ替え、手近にあった伝導放熱シート(放熱グリス)を貼って、ヒートシンクを載せ、ファンを取り付け。これで5分。

IMGA0803

恐る恐る電源を入れれば、無事稼働した!。なんとお手軽。

起動後には、内蔵モニタのドライバが更新されるのでネットにつないだまま待って再起動。何事もなく完了です。Windowsエクスペリエンスインデックスを見ると、なぜかグラフィックスの値が低下したような気もするけれど、全体的なスピードアップは言うまでもない。シングルコアからダブルコア4スレッドの威力です。

それにしても10分ほどの作業でCPUが換装できるとは、デスクトップ機でもなかなかできないし、他のノートPCでは不可能な話。

HDDもSSDに交換すればより高速化できそうだけど、今回は見送り。メモリとUSB3.0のExpressカードも追加し、WindowsアップデートでSP1を入れ、ウィルス対策ソフトもインストールして、現役復帰です。

 


VBAで100個のWord文書を検索

毎年の恒例業務?で、学生たちのレポートを整理するため、VBAでのプログラミングに挑戦してみました。とはいえ、VBAのプログラムファイルは、vbsという拡張子で保存するんだ!、と言うことも知らないではじめる無謀さ。それでも何とか動いて、100人分あまりのレポートファイルから、1-2行目にある(はずの)レポートタイトルと氏名などを抽出し、テキストファイルに書き出す処理を自動化できました。

100個ものファイルを開いてはコピペする手間を省き、提出者のレポートタイトルを一覧表にできた。前処理やらなにやらで、昨年まで半日かかっていた作業が、わずか30分ほどで終了。なにより精神的に楽チンなのがいい。これは画期的。もっと早くやればよかった。

無駄な記述もいっぱいあるけれど、忘れないために。

path = “文書ファイルのフォルダ(絶対パス)”
WriteFile = “結果書き出しテキストファイル(絶対パス)”
Dim objFileSys
Dim objFolder
Dim objSubFolder
Dim objFile
Dim WriteStream
‘Wordオブジェクト生成&可視化
Set obj = CreateObject(“Word.Application”)
obj.Visible = False
Set objFile = CreateObject(“Scripting.FileSystemObject”)
Set WriteStream = objFile.OpenTextFile(WriteFile, 8, True)
‘第2引数 1:R 2:W 8:Add 第3引数 True:作成 false:しない)
‘ファイルシステムを扱うオブジェクトを作成
Set objFileSys = CreateObject(“Scripting.FileSystemObject”)
‘pathフォルダのオブジェクト取得
Set objFolder = objFileSys.GetFolder(path)
For Each objFile In objFolder.Files
‘文書を開く
returnValue = obj.Documents.Open (path & objFile.Name , ReadOnly)
‘1-2行目を取り出す
Set wds = obj.ActiveDocument.Sentences
msg = wds.Item(1).Text
msg2 = wds.Item(2).Text
‘テキストファイルに書き出し
WriteStream.Write objFile.Name & “,” & msg & “,” & msg2 & vbCrLf
Next
WriteStream.Close
obj.Quit
Set obj = Nothing
Set objFileSys = Nothing
Set objSubFloder = Nothing

このvbaで処理しきれない課題もいくつか。
・wordの文書形式(docxなのに、docで保存されているなど)が違うと開かない
(ちゃんと普通に保存されていればdocでもdocxでもかまわない)
・開かない文書があると、word.exeが異常終了する(タスクマネージャで終了させるしかない)
・1行目にタイトルを書かない学生がいる!(タイトルをヘッダに書いてる!)
・テキストファイルに書き出すため、文字属性(サイズや書体)はわからない
・タイトルや氏名の前後に、無駄なスペースなどがある
・遅い!

ほとんどは”ごく普通”に作成されていれば問題ないのだけど、100人もいると、不可思議な文書を作成する人もいるものです。


MVNOでモバイルルータ

必要があって、格安SIMを使ったMVNOモバイルルータを入手することになった。今回はお店ですすめられたUQMobileのデータ専用サービスとポケット型ルータHUAWAIのWiFiWALKERを使ってみた。どちらもKDDI系のMVNOの定番。

ルータ:HUAWAI WiFI WALKER LTE(HWD11)
     (AMAZONで中古品を購入 3000円くらい)

SIM :UQ Mobile LTE データ高速プラン
    (月額980円 事務手数料3000円)


ルータの設定は、UQMobileのサイトに掲載されているとおりごく簡単だが、中古品のため、マニュアルはおろか、充電用USBケーブルも付属していない。手元のUSBケーブルでPCにつなぐと、幸いドライバ類は自動インストールされた。ただこの設定ユーティリティのログオンパスワードがわからない。WEPの暗号化キーだということはHUWAIのサイトにあるマニュアルで分かったけれど、今度はWEPの暗号化キーがわからない。それでネットを調べまわると、筐体に刻印されているIMEIの下5桁が初期パスワードだという情報がありました。ホント、ネットの力は偉大です。ちなみにIMEIとはInternational Mobile Equipment Identity (電話に付与される識別番号)なんだそう。知らなかった。

無事に接続できたので、速度も測ってみた。2007年物のノートPCでの測定では、USB接続・WiFi接続どちらでも下り8Mbps程度。外出時では十分な速度でしょう。3Gルータでは800Kbpsどまりなので、さすがLTEはあ高速みたい。

〇USB接続のとき

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
1.NTTPC(WebARENA)1: 5.28Mbps (658.46KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 8.23Mbps (1.03MB/sec)
推定転送速度: 8.23Mbps (1.03MB/sec)

—— BNRスピードテスト (アップロード速度) ——
データ転送速度 1.69Mbps (211.86kB/sec)

 

〇WiFi接続のとき

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
1.NTTPC(WebARENA)1: 7.45Mbps (930.17KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 6.66Mbps (832.5KB/sec)
推定転送速度: 7.45Mbps (930.17KB/sec)

—— BNRスピードテスト (アップロード速度) ——
データ転送速度 3.37Mbps (421.94kB/sec)

 

(参考)家庭用無線ルータのとき

1.NTTPC(WebARENA)1: 14.34Mbps (1.79MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 14.07Mbps (1.76MB/sec)
推定転送速度: 14.34Mbps (1.79MB/sec)

(参考)IIJ 3G ルータ DWR-PG
1.NTTPC(WebARENA)1: 619.73Kbps (77.32KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 740.87Kbps (91.72KB/sec)
推定転送速度: 740.87Kbps (91.72KB/sec)

 


SSD換装

先日から不調のデスクトップ機についに業を煮やし、SSDに換装しました。サクッと交換というわけではなかったですが、換装後の体感速度は、サクッとどころではなく、まさに爆速!とにかく早い。

ログイン画面まで デスクトップまで
換装前(HDD 250GB) 65秒 35秒
換装後(SSD 128GB) 20秒 5秒

System: Windows7 Enterprise Pro 64bit
Core Duo 3GHz   4GBメモリ
(HDDの32bit版ではレジストリが肥大していることもあって 160秒+60秒だった!)

HD_20150530 SSD_20150530
HDD
          SSD

換装にあたっては、クリーンインストールすべきなのだろうけど、ドライバなどのインストールが面倒だったので、パーティションの丸ごとコピーですませた。不具合も引き継ぐことになるけど。もっとも、HDDでは、XP,Win7(32bit)、Win7(64bit)のトリプルブートになっていたため、MBRの設定に手間取ってしまった・・。

SANYO DIGITAL CAMERA
MBRブート画面
SANYO DIGITAL CAMERA
Intel SSD 128GB

 


サーバーポート故障

このブログを載せているサーバーに、Webアクセスできなくなっていた。ちょうと夏休み期間中で、出張も重なって対応できず、ようやくサーバー室へ。どうやらサーバー機のLANポートが故障していたらしい。

Switchハブやサーバの設定など、散々調べても原因がわからず、万事休すかと思いながら、ふと、LANポートが二つあったことを思い出した。で、ポートと差し替えたら、何事もなかったかのように接続!!

つながらなくなった14日には、構内でLAN機器の更新作業があり、おまけに19日には作業停電。夏休み中はいつもながら、不安定要素がいくつもあって、原因を絞りきれないでいた。おまけに、この間にも、リモートでアクセスした、同一セグメントにある別サーバからは、Webアクセスもできていた。もちろんPingも通っていた。Webアクセス(とVNC)ができないだけで、Ftpもできた。再起動させても同じ。こうして書いていても、やっぱり原因がわからない。稼働8年、そろそろ限界なのかな。
アクセスログ


UPS管理

サーバーのUPS(無停電電源)を取り換えたら、管理ソフトで認識できなくなった件の続編です。結果的には、サーバーの管理ソフトエージェントを再インストールしたら復帰しました。

  • UPS APC  SmartUPS-700
  • ソフト PowerChute Business
  • サーバ Redhat

2014-07-25_194637

 

理由はよくわからない。結局、UPSも元のものに戻したし、サーバー側の設定も変えていない。ptablesで通信ポートを開けたり、再起動させたりもしたけど駄目だった。管理コンソールのバージョンも、サーバーのエージェントバージョンも7であっているし。だいたい今までこれで動いたのに。最後にエージェントをrpmでバージョン8にしたらあっさりつながった。「バージョンを合わせなければなりません」、という説明を信じていた自分が馬鹿だったのか?