カテゴリー別アーカイブ: aid

ノートPCのCPU換装

訳あって、ある方のノートPCをお預かりし、整備を行うことになりました。数年前のPCでずっとお蔵入りだったこともあって、やや力不足。

  • 対象PC
  • EPSON Endeavor NJ3300
  • Celeron  1.8MHz
  • Windows7 Home Premium

最近EPSON機はあまり触ったことがなかったのですが、調べてみると、マザーボードをはじめとしてASUSベースらしい。CPU換装もできるということなので、さっそく〇mazonでCore i5(2.67GHz)の中古品を見つけてゲット!
届いたゆうパックには、恐ろしく簡素でスポンジの上に載せたCPUがビニール小袋に入っているだけ。さすが。これで3000円弱!

Core I5 M560
Core I5 M560

ノートPCの裏蓋にあるねじを4つ外すと、すぐにCPUとメモリが見える。ヒートシンクとファンを止めているねじ7本を外せば、すぐにCPUが取り出せる。ここまで5分!。

CPUを載せ替え、手近にあった伝導放熱シート(放熱グリス)を貼って、ヒートシンクを載せ、ファンを取り付け。これで5分。

IMGA0803

恐る恐る電源を入れれば、無事稼働した!。なんとお手軽。

起動後には、内蔵モニタのドライバが更新されるのでネットにつないだまま待って再起動。何事もなく完了です。Windowsエクスペリエンスインデックスを見ると、なぜかグラフィックスの値が低下したような気もするけれど、全体的なスピードアップは言うまでもない。シングルコアからダブルコア4スレッドの威力です。

それにしても10分ほどの作業でCPUが換装できるとは、デスクトップ機でもなかなかできないし、他のノートPCでは不可能な話。

HDDもSSDに交換すればより高速化できそうだけど、今回は見送り。メモリとUSB3.0のExpressカードも追加し、WindowsアップデートでSP1を入れ、ウィルス対策ソフトもインストールして、現役復帰です。

 


MVNOでモバイルルータ

必要があって、格安SIMを使ったMVNOモバイルルータを入手することになった。今回はお店ですすめられたUQMobileのデータ専用サービスとポケット型ルータHUAWAIのWiFiWALKERを使ってみた。どちらもKDDI系のMVNOの定番。

ルータ:HUAWAI WiFI WALKER LTE(HWD11)
     (AMAZONで中古品を購入 3000円くらい)

SIM :UQ Mobile LTE データ高速プラン
    (月額980円 事務手数料3000円)


ルータの設定は、UQMobileのサイトに掲載されているとおりごく簡単だが、中古品のため、マニュアルはおろか、充電用USBケーブルも付属していない。手元のUSBケーブルでPCにつなぐと、幸いドライバ類は自動インストールされた。ただこの設定ユーティリティのログオンパスワードがわからない。WEPの暗号化キーだということはHUWAIのサイトにあるマニュアルで分かったけれど、今度はWEPの暗号化キーがわからない。それでネットを調べまわると、筐体に刻印されているIMEIの下5桁が初期パスワードだという情報がありました。ホント、ネットの力は偉大です。ちなみにIMEIとはInternational Mobile Equipment Identity (電話に付与される識別番号)なんだそう。知らなかった。

無事に接続できたので、速度も測ってみた。2007年物のノートPCでの測定では、USB接続・WiFi接続どちらでも下り8Mbps程度。外出時では十分な速度でしょう。3Gルータでは800Kbpsどまりなので、さすがLTEはあ高速みたい。

〇USB接続のとき

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
1.NTTPC(WebARENA)1: 5.28Mbps (658.46KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 8.23Mbps (1.03MB/sec)
推定転送速度: 8.23Mbps (1.03MB/sec)

—— BNRスピードテスト (アップロード速度) ——
データ転送速度 1.69Mbps (211.86kB/sec)

 

〇WiFi接続のとき

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
1.NTTPC(WebARENA)1: 7.45Mbps (930.17KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 6.66Mbps (832.5KB/sec)
推定転送速度: 7.45Mbps (930.17KB/sec)

—— BNRスピードテスト (アップロード速度) ——
データ転送速度 3.37Mbps (421.94kB/sec)

 

(参考)家庭用無線ルータのとき

1.NTTPC(WebARENA)1: 14.34Mbps (1.79MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 14.07Mbps (1.76MB/sec)
推定転送速度: 14.34Mbps (1.79MB/sec)

(参考)IIJ 3G ルータ DWR-PG
1.NTTPC(WebARENA)1: 619.73Kbps (77.32KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 740.87Kbps (91.72KB/sec)
推定転送速度: 740.87Kbps (91.72KB/sec)

 


低圧持続吸引器

口中の唾液などを吸引する器具を作ることになりました。

もちろん市販品もちゃんとあるのだけど、痰吸引器は2-3万円するし、たん吸引用は吸引力が強すぎて常時口の中に入れておくと粘膜を傷つけてしまう恐れもあるのだそう。手動ポンプ式などもあるけれど、これはこれで取り扱いには問題もありそう。

ネットを調べてみると、金魚水槽などで使うエアポンプを改造している例がいくつも紹介されています。それを真似してみました。エアポンプは1000円ほど、チューブ類は予備も含めて2000円ほどです。まとめて近所のペットショップで購入しました。

購入したもの
購入したもの

改造自体はいたって簡単で、ポンプの弁を逆につけて、エアの送り出し方向を逆転させるだけ。さすがに逆につけられないように小さな突起がついていたので、これを少し削る必要があります。改造手順はこちら低圧持続吸引器の作り方を参考にさせていただきました。

エアの流量を調整できるものやエアポンプが2つあるタイプもありましたが、一番安いシングルタイプ(1.5l/分)です。吹き出し口(吸いこみ口)が2つでポンプも2つついているタイプもあるようです。静音タイプということで意外と静かで夜中でも問題なさそう。

ポンプ部分の改造
ポンプ部分の改造

タンクはペットボトルなので、蓋に開けた穴にチューブのプラジョイントをホットボンドで固定しました。この固定が緩いと空気が漏れて、吸引がうまくいきません。シリコンチューブにホットボンドがつかず、ジョイントを固定しました。頻繁に蓋を開け閉めすることになるので、ここの固定はもっと工夫が必要になるでしょう。

ジョイントの固定
ペットボトルのふたにジョイントを固定

安全のためにはペットボトルタンクを2本つなぐべきなのですが、まずは1本でテストです。なお口の中に入れるチューブの先端は、角度をつけられるようにワイヤー入りのエアーチューブをつないでいます。

簡易低圧持続吸引器
簡易低圧持続吸引器

さてちゃんっとつかってくれるでしょうか。


もう一度Skypeで

介護の現場で、見守りや声がけは重要なのだそう。電話するほどでもないものの、お互いに顔や様子を見ながら話ができるのは安心感が大きい。それで、デジタル音声通話の老舗、Skypeを利用することにした。

Skype for Windows(おそらくfor Macも)は、ビデオ通信もできるし、受信時には自動で着信操作ができる。この設定をしておくと相手がパソコン操作などができなくても通話が可能になる。ビデオ通話も自動開始しておけば、留守宅などでのペットのリモート監視などにも応用できそうだ。高価な監視カメラのように、パンやチルト、ズームアップ操作などはできないけれど、通話が目的であれば十分だろう。

skype for windows

  • 「ツール」ー「設定」-「一般設定」で「コンピュータ起動時にSkype起動」をチェック
  • 「ツール」ー「設定」-「通話』で「自動応答」と「通話中、ビデオを自動的開始」をチェック

PCでは、ノートPCでも結構大きすぎるうえに、キーボードなどが設置のじゃまになる。おまけにスクリーンセーバが起動していると、Skypeの自動受信がうまくいかない。windows8のタブレット版も試してみたけれど、復帰時のログイン画面へのタッチが不可欠のようで、これも高齢者では難しい。なによりちょっと値段が高い。

そこでAndroid版のタブレットPCを使うことにした。Skype for Androidをセットしてみると、こちらはスクリーンアウトしていても、着信があると自動的にSkype画面に切り替わる。(さすがもともと電話用に作られたOSのせいか)。なによりマイクロホンもスピーカーもカメラも内蔵していて、小さく軽い。アームスタンドなどで固定するのも容易。

もちろんこちら側のデバイスは、PCでもタブレットでもスマホでも何でもいい。出先でもアクセスできるのはうれしい限り。

スクリAutomateIt - Smart Automation - screenshotーンアウトしていれば、内臓バッテリだけで2-3日は持つのもメリット。もちろんACアダプタを接続したままにし、念のためにアプリの自動起動ツール「AutomateIt」を設定しておいた。PCと違って、常に電源が入っているので、見守り用途などでは都合がいい。なお今回使用したタブレットは、Fire HD 7タブレット 16GB。理由は、手ごろな大きさであることと、とにかく安かったから。6インチや8インチタイプもある。レスポンスもよく、結構使えそう。

これでしばらく運用してみましょう。

 

 

 

 


きったな~い

普段使っているキーボードの内部をみたら、おそろしく汚い。まるでビロードのようにほこりがたまっている。

SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA

ピンセットで取り出したり、カメラ用のブロアで吹き飛ばしたりしてみたけれど、埒が明かない。意を決して、すべてのキートップを取り外して、掃除しました。確かに10年近く使っているけれど、こんなになるとは。

せっかく掃除はしたけれど、このIBMキーボードは廃棄することに。キートップのいくつかが割れているし、カチャカチャとした音で打鍵感がちょっと薄っぺらい。別用で200円で調達してきたDellキーボードが、思いの外程度がよかったので入れ替えてしまった。

で、廃棄キーボードは内部の基板を取り出して、またもやiPadの外部スイッチ(今度はUSB有線タイプ)に改造した。Spaceキーの配線をたどって、基板の配線を探り当て、リード線を半田付けして・・・・。と、ここまでは予定通りだったのだけど、なぜか外部スイッチを接続すると、Spaceが連続入力されてしまう。仕方がないので、またマイクロリレーをつないで、回避することに(余計な電池が必要になってしまった)。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA

おまけに、このUSBキーボードは、音量調整などのオプションキーがついていたためか、定格電流値が170mAと結構大きい。案の定、iPadにつないだままだと、一晩でバッテリが干上がってしまった。おしゃれなアクリルケースに収めてみたけれど、これではどうしてもというときの非常用ですな。


タッチスイッチ・丸

タッチスイッチ・丸を使った外部スイッチ、4号機・改です。

掌に収めた電池ボックスは、薬のプラスチック瓶の上部を切っただけ。その上に2mm厚のアクリル版を置いて、スイッチを両面テープで貼り付けた。固定はすべてサージカルテープと両面テープ。電池スナップのはんだ付けなどを含めても加工時間、わずかに15分ほど。
(当初はスイッチをテーブルに固定していたのだけど、センサーはアクリル板のうら側からでも十分に感知するため、設置方法を改良した)

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA

タッチスイッチ・丸は、オープンコレクタ出力となっているため、小電力であればそのまま外部駆動に使える。詳しい仕様はわからないものの、30mA程度であれば駆動できるらしい。今回は、プルアップせずにそのままBluetoothキーボードのキー出力にした。より大きな電力駆動するには、リレースイッチが必要だろう。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA

10円玉サイズの基板むき出しだけど、これがかえっていいようだ。リレーが内蔵されていないため、動作音がしないけれど、操作時にLEDランプがつくのでわかりやすいらしい。

スイッチは作るたびに小さく軽くなっていく。設置が容易になるようにとの、利用者さんと介護者の要望によるものだけど、病状が進んで機械スイッチを押す50g程度の力さえなくなってきているので、タッチセンサースイッチはありがたい。


タッチスイッチ

先に試作した4号機:貼るタッチスイッチ・丸の予備機として、5号機としてタッチスイッチを使ったスイッチを制作してみた。10円玉大の基板自体がセンサーになっている丸は小さくていいのだけど、スイッチ基板の固定が難しいので、2cm角の薄いフィルム上のタッチセンサーを、指輪状にしたサックの内側に貼りつけた。親指を捩じりあげなくても、サック内側に軽く触れればいいだけ。サックは前回と同じ自由自在ボードを使った。

DSC_0248_ DSC_0250_

このタッチスイッチは、出力がリレー型のため、そのまま各種スイッチの入力とするとができる。おまけに、操作するたびに発光ダイオードが光って、リレーがカチッと音が鳴る。これがいい。

貼るタッチスイッチ
貼るタッチスイッチ

基板がやや大きいのと、リレー動作のために9Vの電池が必要なため、電池を手のひらの内側に握るようにしておき、基板はサック上にテープで固定した。手のひらを電池の厚み分持ち上げることになり、親指の動きはいいようだ。本当は、手のひらにバンドなどで固定したほうがいいのだけど、本人の強い拒絶があって、この形に。

貼るタッチセンサースイッチ
奥に見えるのがタッチスイッチ・丸

Bluetoothキーボードを経由してiPadの外部スイッチとしても、また伝の心の外部スイッチとしても利用できるようです。

ビットトレードワン社のキット品を使うのは3度目ですが、大手通販サイトでも購入できるし、素晴らしい完成度です。


Bluetoothキーボードの改造

折り畳みワイヤレスキーボードが入手できたので、これを外部スイッチで使えるように改造。旧機種のためBluetooth規格はちょっと古いし、どうやらキーの一部が反応しない。使いたいSpaceキーだけは、反応したのだけど、キー自体ががっちりと組み合わされており。キートップの配線を引き出せない。仕方ないので、基板上の配線をテスターで当たって、Spaceキーの配線を探り当てた。この配線を外に引き出して、スイッチを取り付ければ、完成!

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERASANYO DIGITAL CAMERA


指サック型手元スイッチ

スネーク型のスイッチでは、取り外しが面倒との訴えがあり、手指に装着できるサック型のスイッチを考えてみた。

インターネット上に公開されている難病支援の報告書なども参考にして、手指の形に合わせたサックを作ることに。素材は、熱可塑性のプラスチックというのだそう。介護医療用は高いので、フィギュア制作用に販売されている自由自在ボードなるものを探してきた。A4サイズ程度1mm厚のものが○急ハンズで900円ほど。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

これをはさみで3cm幅 15cm長ほどに切り取り、オーブントースターで加熱すること30秒。見事にスルメいかのようにやわらかくなった。これを指に巻いて形を成型して1分ほど待つと完成!

説明書にある通り、重ねた部分には粘着性があるので、接着剤も不要でお手軽。冷えても、そのままもう一度オーブントースターで加熱すれば、変形もできる。(ただ重ねてくっついたところをはがすと破れそうになる)。ドライヤーやアイロンで加熱するようにかいてあるけれど、60度程度に温めればいいようだ。

SANYO DIGITAL CAMERASANYO DIGITAL CAMERA

冷えると結構固いので、指の当たる部分にサージカルテープなどを貼り、お決まりのマイクロスイッチを取り付ければOK。ちょっと試してもらったところ、感触はよさそうだった。

実際に使えるかどうか、またしばらく様子を見ましょう。

 

 

 


発光ダイオード付き!

スイッチの正逆逆転回路は、電源をボタン電池からアルカリ単3乾電池2本にすることで安定しました。どうやらリレーに必要な50mAを、ボタン電池では供給できないよう。定格値を見ると、CR2032では0.2mA程度。そりゃ無理ですな。というわけで、小型化をあきらめ、ずいぶん不格好なものになりました。ボタン電池のフォルダもそのまま。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA

 

ついでに正逆で発光するダイオードをつけてみた。ぴかぴか光って、動作が目で確認できる!

ちなみにネットで注文した発光ダイオードは、3色入って120個入り。当然のように中国から送られてきました。中身は仕様の違う2種3色が入っていました。少し小さめのダイオードをつけてみたら、乾電池で焼き切れました。大きなモノに付け替えて、様子を見ます。

使ってくれるといいけれど。