指サック型手元スイッチ

スネーク型のスイッチでは、取り外しが面倒との訴えがあり、手指に装着できるサック型のスイッチを考えてみた。

インターネット上に公開されている難病支援の報告書なども参考にして、手指の形に合わせたサックを作ることに。素材は、熱可塑性のプラスチックというのだそう。介護医療用は高いので、フィギュア制作用に販売されている自由自在ボードなるものを探してきた。A4サイズ程度1mm厚のものが○急ハンズで900円ほど。

SANYO DIGITAL CAMERA

 

これをはさみで3cm幅 15cm長ほどに切り取り、オーブントースターで加熱すること30秒。見事にスルメいかのようにやわらかくなった。これを指に巻いて形を成型して1分ほど待つと完成!

説明書にある通り、重ねた部分には粘着性があるので、接着剤も不要でお手軽。冷えても、そのままもう一度オーブントースターで加熱すれば、変形もできる。(ただ重ねてくっついたところをはがすと破れそうになる)。ドライヤーやアイロンで加熱するようにかいてあるけれど、60度程度に温めればいいようだ。

SANYO DIGITAL CAMERASANYO DIGITAL CAMERA

冷えると結構固いので、指の当たる部分にサージカルテープなどを貼り、お決まりのマイクロスイッチを取り付ければOK。ちょっと試してもらったところ、感触はよさそうだった。

実際に使えるかどうか、またしばらく様子を見ましょう。

 

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください