カテゴリー別アーカイブ: goods

結局bootcampに

MacでWindowsを、というVM計画は、結局Bootcampに落ち着きそうです。(またO氏に専門は何?って怒られそう)

Mac上のアプリとして動くVMware Fusionの手軽さは捨てがたいものの、非力なハードウェアでは、ヘビーなゲームはやはり動かない(実用に耐えない)。決してゲームがやりたいわけではないので、あくまで可能性の話。

第一の目的は、授業でWindows10の説明が必要なのに、まともに動くノートPCがないということ。XPや7はあるのにねえ。いちいち「10の場合はね」って説明するのも面倒になってきた。(余談ながら12年前のXPノート”Let’s Note CF-R3″は、いまでもちゃんと動く。サポート切れだからって捨てられません。)

BootCampでは、専用のパーティションを確保する必要があり、切り替えには再起動時に起動パーティションを選択する必要がある。直接互いにファイルをやり取りできない。再起動は意外と遅いと、デメリットもあるけれど、メモリやCPUを全て使えるのは大きい。ちなみにTobii EyeXもちゃんと動きました。

BootCampアシスタントユティリティを使ったインストールは、インストール用のUSBメモリ(ユティリティではUSBフラッシュメモリって書いてある)さえあれば、ただ待っているだけ(1時間はかかる)。でも、なぜか追加ファイルのダウンロードができず、途中で止まること数度。結局日を改めて無事完了しました。インストール後にもなぜかスピーカーから音が出ない、内蔵カメラが使えないと、トラブルも残っている。MacBookハードのWindows用ドライバってどこから手に入れるのだろう??

 


Macの仮想マシン

MacboolAirにVMware fusion(評価版)をインストールしてみた。ファイルをダウンロードするだけで、インストールはいとも簡単。

ゲストOSとしては、Windows10 Pro(64bit)。こちらもISOファイルをダウンロードするだけ。VMwareにISOファイルをドロップすれば、WIndowsのセットアップが始まって、待っているだけで、こちらもいとも簡単に終了。クリーンインストールが完了でした。普通のPCにWindowsを新規インストールするより数段簡単です。(もちろん、Windowsのライセンスは別に必要)

 

 

MacBookAirはメモリが4GBと少ないため、ゲストOSへの割り当ても1GBだけ。でもWindowsはそれなりのレスポンスで動く。ネットワークも問題なし。あっけないほど簡単で、これはいいかも。

価格9980円に見合うかどうか・・。

 

もう一つ、無料のVirtualBoxもある。Windows版のVirtualBoxではうまく動かせなったけれど、Mac版はいたって簡単に動いた。VMwareと同じく、起動後ISOファイルを読み込ませるだけ。さすがにVMwareよりは動作はもっさりしているけれど、耐えられないほどではない。アプリケーションを入れればまた変わるのだろうけど、メモリも2GB程度で十分な様子。

さすがにVMware、VirtualBoxとも、どちらもかなりメモリを使うので、ホスト側(Mac)のアプリは動きがカクカクする。Windowsの一時的な動作確認だけなら、これで十分かも。

VMには、ほかにもParallels(8500円)があるらしい。こちらもまた試してみましょう。

 

 


Macのストレージ増設

Macbook airの内臓ストレージが残り少なくなって来たので、増設を敢行。実際には内蔵SSDの交換で、120GBを240GBにしました。データ移行はmacの標準ユティリティで簡単。macってよく考えられてますねえ。

専用ドライバで裏蓋を開けて、SSDを差し替えれば、いとも簡単に終了。MacBookairの中身って、ほぼバッテリなのね。

あとは、これに何かしらのVMを入れて、windowsをいれたいところ。Virtual Machineは何がいいのでしょう。どなたか教えてください。

交換前
交換後
使ったSSD

マルチブート

どうしてもwindows10でないと動かないソフトがあったので、仕方なく、メインPCにWindows10をインストールしました。いろいろあって、試行錯誤を繰り返した結果、ブート画面がこんなことに。

HDDからSDDへの切り替えもあって、Windows7が3つもある。Windows10も7からクローンをつくってアップデートしたらドライバなどがおかしくなった。おまけにEnterprise版ではソフトが動作せず、Pro版もクリーンインストールするはめになった。5つのマルチブートはいずれ整理しないと。

Windows7のサポートも切れるらしいし、学生PCは10になってきているので、10へ移行しなくてならないけれど、UIはなかなか馴染めない。スタートメニューのプログラム一覧がなんだか使いづらい。仕事用はまた7がメインかな。

windows10のインストールは簡単になったけれど、途中の画面表示が変わらず、何をやっているのかわからない。フリーズしたと思ってリセットをかけたりせず、ずっと待っていればいいようだ。これも親切設計なんだろうな。(実は待ちきれずに3回もリセットしてしまった)


プレゼン用ガシェット

ipadなどでのプレゼン用に、EZCast Pro というガシェットを試してみました。

今までは、AppleTVをつないで、AirPlayでミラーリングしていましたが、第2世代AppleTVではWifi接続が不可欠なうえ、AC電源も必須でなかなか使いづらい。おまけにセキュリティが厳しい学内Wifiでは、Web認証ができずつながらない。それで、apple airplayをつないで簡易なWifi環境を作ったり、インターネット接続が必要ならポケットWifiを組み合わせたりと、とにかく機材とケーブルが多くなりすぎる。電源を探すのも一苦労。

この点で、EZCast Pro はTVやプロジェクタのHDMI端子直付けで、電源もUSB端子(5V 1A)でいい。Wifi接続もできる(802.11aやWeb認証は不可)が、自身がアクセスポイントになるp2pのダイレクト接続ができる。

EZCast Pro
EZCast ProとモバイルバッテリとHDMI-RGB変換アダプタ

実際に使ってみると、解像度などの変更に専用アプリが必要だったり、アプリ自体のインタフェースがいろいろ面倒くさかったりもするけれど、iOSのミラーリングだけならAirPlayとそん色はない。画面共有や分割にはそれぞれアプリが必要だけど、AndroidでもMacでも、もちろんWindowsでもできる。動画ストリーミングもなめらか。

EZCast Proミラーリング
iPadによるミラーリング

なにより、500mAのモバイルバッテリで駆動できるのはうれしい。これならプロジェクタケーブルにEZCast Proをつなぐだけで、iPadを持って移動しながらプレゼンできる。

早速来週のプレゼンで使おうとしたら、何と会場のプロジェクタはRGBのみ。かつ1024*768!! さすがお役所。
で、手持ちのHDMI-RGB変換アダプタ(さらにHDMIオスメス変換アダプタ)を間に入れてみたら、ばっちりOK。

RGB接続したEZCast Proの初期画面
EZCast Proの初期画面

iCloudやDropBoxからファイルを呼び出せるけれど、MS系のファイルはレイアウトが崩れて使えない。KeyNoteならいいのかな。手持ちのモバイルルータでは、なぜか接続できないなど、よくわからないこともいくつか。ホワイトボード機能や専用のWebブラウザもあるけれど、もっと簡素でいいのに。


MVNOでモバイルルータ

必要があって、格安SIMを使ったMVNOモバイルルータを入手することになった。今回はお店ですすめられたUQMobileのデータ専用サービスとポケット型ルータHUAWAIのWiFiWALKERを使ってみた。どちらもKDDI系のMVNOの定番。

ルータ:HUAWAI WiFI WALKER LTE(HWD11)
     (AMAZONで中古品を購入 3000円くらい)

SIM :UQ Mobile LTE データ高速プラン
    (月額980円 事務手数料3000円)


ルータの設定は、UQMobileのサイトに掲載されているとおりごく簡単だが、中古品のため、マニュアルはおろか、充電用USBケーブルも付属していない。手元のUSBケーブルでPCにつなぐと、幸いドライバ類は自動インストールされた。ただこの設定ユーティリティのログオンパスワードがわからない。WEPの暗号化キーだということはHUWAIのサイトにあるマニュアルで分かったけれど、今度はWEPの暗号化キーがわからない。それでネットを調べまわると、筐体に刻印されているIMEIの下5桁が初期パスワードだという情報がありました。ホント、ネットの力は偉大です。ちなみにIMEIとはInternational Mobile Equipment Identity (電話に付与される識別番号)なんだそう。知らなかった。

無事に接続できたので、速度も測ってみた。2007年物のノートPCでの測定では、USB接続・WiFi接続どちらでも下り8Mbps程度。外出時では十分な速度でしょう。3Gルータでは800Kbpsどまりなので、さすがLTEはあ高速みたい。

〇USB接続のとき

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
1.NTTPC(WebARENA)1: 5.28Mbps (658.46KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 8.23Mbps (1.03MB/sec)
推定転送速度: 8.23Mbps (1.03MB/sec)

—— BNRスピードテスト (アップロード速度) ——
データ転送速度 1.69Mbps (211.86kB/sec)

 

〇WiFi接続のとき

—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
1.NTTPC(WebARENA)1: 7.45Mbps (930.17KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 6.66Mbps (832.5KB/sec)
推定転送速度: 7.45Mbps (930.17KB/sec)

—— BNRスピードテスト (アップロード速度) ——
データ転送速度 3.37Mbps (421.94kB/sec)

 

(参考)家庭用無線ルータのとき

1.NTTPC(WebARENA)1: 14.34Mbps (1.79MB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 14.07Mbps (1.76MB/sec)
推定転送速度: 14.34Mbps (1.79MB/sec)

(参考)IIJ 3G ルータ DWR-PG
1.NTTPC(WebARENA)1: 619.73Kbps (77.32KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 740.87Kbps (91.72KB/sec)
推定転送速度: 740.87Kbps (91.72KB/sec)

 


楽器ケースの修理(日曜工作)

新しく手に入れた楽器ケースがあまりにぼろぼろなので、修理することにしました。

ケースは四角がヒビ割れて穴があき、内張りもボロボロ。何しろ変な臭いもする。内張りの骨組みをみてみると、なんと荒い木材に四角い穴をあけて布を張っただけの保護性もあやしいもの。作りも雑で、さすが安物だけのことはある。ちなみに外観は写真を撮るのを忘れてしまうほど、汚かった。

IMGA0484 内張り

それで100円ショップで調達してきた材料だけでケースを修理してみました。

ケース角の穴補修

手元にあった模型用の熱可塑性ボードを、数cmにカットし、オーブントースターで暖めてから内側から押し当てた。ケースの素材がプラスチックだったので、接着剤も必要なくそのまま貼り付いた。表側からは、これも100円ショップで買った透明のホットボンドで補強して、形を整えた。

ケース角の補修角の補修(塗装後)

内張り保護材

5mm厚のスチロール製工作ボードをケースのサイズに合わせて切り取り、6枚重ねた。上4枚ほどを順に、カッターで切り抜くことで楽器の形に合わせた保護材を作り、ケースの中に押し込んだ。厚みのある発泡スチロールも考えたけど、くり抜くにはヒートカッターが要るし、大量の切りくずが出るのが予想されたので、今回はミルフィーユ状にして地道に切り抜くことにした。ふた側には、ウレタンフォームのスポンジでも貼付ければ、ほぼ完成するのだけど、ウレタンはさすがに100円ショップにはなかったので後日調達することに。

ケース保護材

ケース外側の塗装

アクリルスプレーで外側を真っ黒に塗装。元々は汚い?茶色だったので、一気に真っ黒にすることですべてを隠してしまおうという作戦。100円ショップの小さな缶では、ぎりぎりの量しかなく、塗装ムラができてしまった。留め金裏なども塗装できていないけど、これはご愛嬌かな。

塗装塗り忘れ

楽器をおさめてみると、なんとか落ち着いている。移動時にガタガタと動かなければいいでしょう。カッターナイフの切れ味が悪くて、保護材にあけた穴の切り口がそろっていないけれど、これも自作らしいところかな。まさしく日曜工作でした。それにしても100円ショップの品揃えには、あらためて脱帽です。

IMGA0476 IMGA0478

 

材料費
  • 工作ボード 5mm厚 45cm×90cm  2枚 216円
  • アクリルスプレー(黒         108円
  • 熱可塑性ボード 少々 手持ち
  • ホットボンド  少々 手持ち
  • ウレタンフォーム ??円

もう一度Skypeで

介護の現場で、見守りや声がけは重要なのだそう。電話するほどでもないものの、お互いに顔や様子を見ながら話ができるのは安心感が大きい。それで、デジタル音声通話の老舗、Skypeを利用することにした。

Skype for Windows(おそらくfor Macも)は、ビデオ通信もできるし、受信時には自動で着信操作ができる。この設定をしておくと相手がパソコン操作などができなくても通話が可能になる。ビデオ通話も自動開始しておけば、留守宅などでのペットのリモート監視などにも応用できそうだ。高価な監視カメラのように、パンやチルト、ズームアップ操作などはできないけれど、通話が目的であれば十分だろう。

skype for windows

  • 「ツール」ー「設定」-「一般設定」で「コンピュータ起動時にSkype起動」をチェック
  • 「ツール」ー「設定」-「通話』で「自動応答」と「通話中、ビデオを自動的開始」をチェック

PCでは、ノートPCでも結構大きすぎるうえに、キーボードなどが設置のじゃまになる。おまけにスクリーンセーバが起動していると、Skypeの自動受信がうまくいかない。windows8のタブレット版も試してみたけれど、復帰時のログイン画面へのタッチが不可欠のようで、これも高齢者では難しい。なによりちょっと値段が高い。

そこでAndroid版のタブレットPCを使うことにした。Skype for Androidをセットしてみると、こちらはスクリーンアウトしていても、着信があると自動的にSkype画面に切り替わる。(さすがもともと電話用に作られたOSのせいか)。なによりマイクロホンもスピーカーもカメラも内蔵していて、小さく軽い。アームスタンドなどで固定するのも容易。

もちろんこちら側のデバイスは、PCでもタブレットでもスマホでも何でもいい。出先でもアクセスできるのはうれしい限り。

スクリAutomateIt - Smart Automation - screenshotーンアウトしていれば、内臓バッテリだけで2-3日は持つのもメリット。もちろんACアダプタを接続したままにし、念のためにアプリの自動起動ツール「AutomateIt」を設定しておいた。PCと違って、常に電源が入っているので、見守り用途などでは都合がいい。なお今回使用したタブレットは、Fire HD 7タブレット 16GB。理由は、手ごろな大きさであることと、とにかく安かったから。6インチや8インチタイプもある。レスポンスもよく、結構使えそう。

これでしばらく運用してみましょう。

 

 

 

 


上書きしてしまった!

うっかりして、Excelで別名保存すべき編集中のファイルを上書き保存してしまた。あっと思ったときは時遅し。昨年1年間分の報告書が、今年の報告書に置き換えられてしまった。Excelを終了してしまったためにUndo(Ctrl+Z)もきかないし、おまけにUSBドライブのため、万事休すかとあきらめかけた。

それでもと、オンラインソフトを探して、DataRecoveryというソフトを見つけた。起動して該当のドライブをスキャンして、上書き保存してしまったファイルを見つけてリカバリ。なんと無事復活です。助かった!

DataRecovery

ということは、削除したつもりのファイルも、復活できてしまうということ。メディアを破棄するときなどにも気をつけなくてはなりませんな。

 


きったな~い

普段使っているキーボードの内部をみたら、おそろしく汚い。まるでビロードのようにほこりがたまっている。

SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA

ピンセットで取り出したり、カメラ用のブロアで吹き飛ばしたりしてみたけれど、埒が明かない。意を決して、すべてのキートップを取り外して、掃除しました。確かに10年近く使っているけれど、こんなになるとは。

せっかく掃除はしたけれど、このIBMキーボードは廃棄することに。キートップのいくつかが割れているし、カチャカチャとした音で打鍵感がちょっと薄っぺらい。別用で200円で調達してきたDellキーボードが、思いの外程度がよかったので入れ替えてしまった。

で、廃棄キーボードは内部の基板を取り出して、またもやiPadの外部スイッチ(今度はUSB有線タイプ)に改造した。Spaceキーの配線をたどって、基板の配線を探り当て、リード線を半田付けして・・・・。と、ここまでは予定通りだったのだけど、なぜか外部スイッチを接続すると、Spaceが連続入力されてしまう。仕方がないので、またマイクロリレーをつないで、回避することに(余計な電池が必要になってしまった)。

SANYO DIGITAL CAMERA SANYO DIGITAL CAMERA

おまけに、このUSBキーボードは、音量調整などのオプションキーがついていたためか、定格電流値が170mAと結構大きい。案の定、iPadにつないだままだと、一晩でバッテリが干上がってしまった。おしゃれなアクリルケースに収めてみたけれど、これではどうしてもというときの非常用ですな。