WindowsServerのインストール(2)

前回に引き続き、牛歩のごとくWindowsServerの移行作業を進め、何とか入れ替えを行いました。その作業備忘録です。

  • RAID環境の構築
  • OSのインストール
  • 各種ドライバのインストール
  • 各種ソフトウェアのインストール(RAIDmanegerはいまだ謎?)
  • IIS周りのインストール(PHP、MySQL,もろもろ)と設定
  • 旧マシンからのデータ引っ越し(CMSのDBデータエクスポート、インポートも)
  • UPS接続(PowerCuteのインストール設定)

大きくはこんなところでしょうか。とりあえずのCMSの稼働が確認できたところで、物理的にサーバラック内でマシンを入れ替え、IPアドレスのつけかえやUPSの接続確認などを済ませたのは、10月3日。一週間経ちましたが、幸い無事稼働しているようです。CPUは早くなったけれど、メモリがやや少ないのと、ハードディスクがSASからATAになったためか、体感的には早くなった気がしません。それより、10年以上も前マシンがよく持ちこたえたことに驚きです。

もっともまだままやらなけれならないことが残っています。

  • CMS以外のデータ引っ越し(捨ててもいいも)
  • PerlなどCGI周りの環境設定(なくてもいかも)
  • セキュリティ対策(これは絶対、早急に)
  • なぜか再起動時にデータベースコネクトに失敗する件の解消(だめじゃん(^^)/)
    キーボードマウスの接続(PS/2なのに、新サーバーはUSBだけだった)
  • その他もろもろ

IISが扱いにくいのは、.htaccessによる制御ができないこと。Apacheへの再切り替えも検討事項です。

まだまだ移行作業は終わりません。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください