WindowsServerのインストール(1)

このサイトを動かしているサーバー機を入れ替え作業中です。

サーバー機のセットアップなんて、数年ぶりのため、わからないことだらけ。その記録メモです。OSにWindowsServer2012R2を選択したこともあってなかなか進みません。

ハードの準備とOSインストール

値段の安さにひかれて、FujitsuのTX1310 M3のディスクレスモデルにしたので、ハードディスクの接続から一苦労です。おまけにUSBキーボードもマウスもなくてドタバタ。あちこちかき集めてきて、ようやく電源を入れることができました。

  • ・Xeon 3GHz
  • ・4GBメモリ (ECC 2400 UDIMM)
  • ・ハードディスク(SATA) 1TB × 2(RAID) ホットスワップ非対応!

HDDは別に調達したToshiba製と、別のPCから取り外したHITACHI製の7200rpmタイプ。キャッシュは6MBと3MB。

これをOSインストール時に認識させるために、チップセットやRAIDのドライバやらユティリティをUSBメモリに展開して準備しないといけない。これを理解するのにしばらくかかった。おまけにドライバ類はすべてFujitsuのサイトからダウンロードしなければならず、これがまた探しにくいこと。細かく分かれた製品型番にくわえ、バージョンも新旧様々で何が必要なのか? マニュアルも細かくわかれていて、どれをダウンロードすればいいかよくわからない(-_-)。

LANアダプタのドライバは何とか見つけたものの、ディスプレイのドライバがいまだに不明。Microsoftの標準ドライバで動いているけれど、解像度が不安定で?? でデバイスマネージャーにも不明なPCIデバイスが1つ・・。

そんなこんなで、とにかくWindowsServerが起動するまで、数時間。

ここからRAID Mangaer やらサーバー管理ツールServerView Suiteやら、必要そうなものを見つけては、ダウンロードしてインストールを繰り返す。ようやくRAID環境を確認できた。

Webサーバーのインストール

続いてWebサーバーを設定。標準のIIS(8.5)を入れたものの、PHPやMysqlまでは手が回らず、後日に。現行サーバーからデータコピーも、なぜかファイル共有ができずに後回し。要はIISが立ち上がっただけの空っぽ。まだまだ時間がかかりそうです。

ここで時間切れ、また後日。

 

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください