ほぼ0円?工作(スタンド)

0円ではないけれど、自宅に転がっているものも使っての工作シリーズ。今度は楽器スタンドです。

 

楽器受けに100円ショップのバックをかぶせただけ
羽子板ボルト

 

 

 

数年前からギタースタンド(800円くらい)をバスクラリネットなどのスタンドにしていたのだけど、楽器の受け台が回転して安定しないため、倉庫に眠っていた建築用の金物(羽子板ボルト)と、100円ショップの灰皿を使って台を作りました。

ボルトの直径が8mmほどあり、わずかに支柱の穴に入らなかったため、リーマで少しだけ広げたのと、灰皿を固定するために、底に2か所3mm径のドリル穴をあけただけ。それぞれのナットを締めて、灰皿の内側にフェルトを貼っておしまい。

もう少し傾斜が欲しいところだけど、自宅などでは十分に使えそう。軽いとはいえ、もともと折り畳みや持ち運びはあまり考えられていないので、仕方ないか。

ーーーーー追記ーーーーーー

バスクラも乗りました。意外と安定してる。

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください