タグ別アーカイブ: 楽器店

タンポ交換

演奏会前だというのに、いや、演奏会前だからこそか、楽器の調子がよくない。トリルキーまわりから水があふれてくるし、そのせいかピッチが安定しない。それでよくよくキーを見ると、どうやらタンポが破れているよう。少し吹き続けると、水分を吸って膨らんでしまうようだ。

仕方がないので、仕事帰りに豊橋駅前の楽器店へ飛び込んだ。周辺のタンポ交換3箇所と、前から気になっていたC#キーのコルク調整を依頼。リペアマンが常駐しいていて1時間ほどで修理完了しました。試奏室は貸してくれたけれど、音が響きすぎてよくわからなかった。(~o~) タンポ交換が一箇所につき1500円、コルク貼り替え調整で500円 締めて4750円! なんかちょっと計算があわないけれど、結構高い。ただでさえお金のないときに、また・・・・。

本当は、1月に割れを修理してもらった西尾のお店に行きたかったけれど、車で1時間もかかるし、第一、演奏会前で預け修理をする余裕もない。土日練習だし、平日は仕事となれば、やっぱり近いのが一番。頼りになるリペアマンがいて、ちょこちょこと面倒を見てくれるお店がいいのだけどなあ。タンポの実費は200円程度。その7倍もの技術料を支払うのだから。

お店では、ちょうど野中貿易が出張できていて、ダブルリードフェアの真っ最中。昔から憧れだったファゴットやオーボエ、イングリッシュホルンなどがずらりと並んでいた。次々に試奏しているお客さんがいてうらやましい限り。もっとも今日限り76万!っていわれて、はい、そうですか、というわけにはなかなかいきませんよねえ。それにしてもダブルリードを吹く人って、結構いるのですな。

 

 

 


楽器店探訪-東京御茶ノ水編-

御茶ノ水駅前に広がる楽器街を訪ねてみました。

明治大学のマンドリンクラブの影響とか、諸説あるようですが、JRの駅すぐからいくつもの楽器店が軒を並べている。多くはギター関連だけど、管楽器もあるし、バイオリンの専門店も2軒ほどあった。さすが。

面白いのは、どのお店も本当に狭い。地下や2・3階の店舗もあるけれど、階段も窮屈だし急なはしご段のよう。ここに文字通り所狭しと楽器が並んでいる。ギターのお店では、服のお店とおなじように、店頭に楽器が並んでぶら下がっている。さすがに管楽器は路面では少なくて、多くは2・3階のショーケースの中。あるお店ではクラリネット160本、フルート120本!とか。本当かどうかはともかく、ほかの楽器店ではありえないくらい密集して展示されているのは確か。新品だけではなく、中古品もかなりの数が展示されていました。

たまたま女子高校生と母親らしい人が、熱心に店員さんに楽器を見せてもらっていた。どうやらクランポンのRCエスクラ。中古で35万という値段に躊躇している様子。店員さんも、「楽器は出会いだけど、大学に入ってからやっぱりB管という人もいますからねえ」と。そりゃねえ、エスクラ専門でやる人は少ないし、それにポンと出せる金額でもない。

それにしても、月曜日の夕方だというのに、どのお店も結構なお客さん。勤め帰りと思われる男性客がギターを弾いていたり、管楽器の修理にきたり。さすが東京というか、専門店街です。人もものも集まるということは、大きなエネルギーです。

 

ところで某オークションサイトで、ルブランのエスクラが100円で出ていました。トーンホールに欠け割れがあるジャンク品だったけれど、木製らしいし、6000円前後で売れたらしい。買ってみればよかったかなあ。修理にどのくらいかかるのでしょうね。

 


楽器店探訪-東京編-

1ヶ月ぶりのブログ更新です。管理するサイトが多いのは考え物です。

東京での仕事が早めに終わったので、博物館と迷った末、先月たどり着けなかったYAMAHAの銀座店に再挑戦。地理不案内ながら、九段下から徒歩と地下鉄を乗り継いで、なんとか銀座へ。いやあ、東京の地下鉄は迷路です。36度を超える酷暑のため、地下道を歩けるのはいいものの、地上以上に方向感覚がわからなくて、ずいぶん遠回りをしたかもしれない。ま、ともかく、銀座7丁目?あたりのお店に到着。

ここは高校生のころに一度だけ、姉につれてきてもらったことがあるだけで、ほとんど記憶がない。ただやたら楽譜がたくさんあったことだけは覚えている。
思ったより小さなお店で、店舗は5階まで。その上はクラシックコンサートなどでも使われるYAMAHAホールやレッスン室らしい。

1階に入るなり、子供向けの管楽器試奏イベントの真っ最中。そうか、夏休みだった。小学生とその親御さんと思しき人たちが、トランペットやホルンを思い切り吹き鳴らしている。なんと、その中に、オーボエやファゴットも。あんなに高価で、かつ、リード楽器を・・・。ファゴットを吹いてみたい!という長年の夢をかなえられるかとも考えたけれど、子ども向けのイベントに割り込むにはちょっと勇気がなかった。ああ、残念。

4階の管楽器フロアでは、さすがの品揃え。ファゴットはなんと190万!あまりの金額によく覚えていないけれど、高価なのは確か。どうにも手が出ませんね。完成リードも一本3,000円ほど。楽器は高いです。

クラリネットは、クランポンのものもあるけれど、そこはYAMAHAがメイン。ほぼすべてのモデルが展示されていました。旧モデルが大幅値下げされていたけれど、こちらも眺めるだけ。楽器以外にもケースなどもたくさん現物がありました。ケースカバーが1万円!ってどういうこと?
試奏室では、マウスピースや楽器の選定にひっきりなしの様子でした。YAMAHAの最高級モデルを2本試奏している男性がいたり、マウスを試している学生らしき女性も。プロなのかアマなのかわかりませんが、皆さんお金がありますね。
そういえばリガチャも名古屋で見るより倍以上ありました。ああ、楽器を持ってくればよかった。リガチャくらいなら買えるのに。(リガチャやマウスピースは消耗品といいながら、なかなか買い換えるチャンスは少ない)

リアルな店舗では、ネットで見ているだけではわからない重さや質感も確かめられるのはいいです。やっぱり音楽人口の多さは代えがたい。度々はいけないけれど、時間のあるときにふらっと立ち寄るのは、本当に楽しいです。


東京の楽器店

出張ついでに、東京渋谷のYAMAHAへ立ち寄ってきました。
さすが、品ぞろえは圧倒的ですね。
YAMAHAだけではなく、クランポンなどの楽器もありました。よくわからないけれど、聞いたことがないようなメーカー物も。

今度は間違えないように、バンドーレンの3リードも買いました。値段は2180円と、名古屋と同じ。

楽譜もたくさんありましたが、楽譜を書くコンピュータソフトも現物パッケージが置いてありました。頼めば、デモもしてくれるらしいです。

そういえば、池袋店では、音楽教室管楽器コースの卒業生だけで、吹奏楽団ができて、かつ定期演奏会までやっている。目黒にもあるらしい。
http://sound.jp/yiwo/index.xhtm

やっぱり東京は音楽人口もおおいですね。コンサートも頻繁だし、音楽に限らず、何かを学ぶには魅力的な街です。


チューナー

チューナー
チューナー

合奏練習がお休みだったのと、仕事ついで、名古屋金山の楽器店で、チューナーを購入してきました。(3600円ほど)
大きさも値段も様々だったので、店員さんに勧められるまま、YAMAHAのTD-35MLにしました。店員さんいわく、メトロノームが付いているか、液晶の大きさの違い程度で、性能はほとんど変わらないそうです。

購入したチューナーは、クリップで楽器を挟んで使えるもので、内臓マイクもあるけれど、通常はクリップ(ピエゾマイクというらしい)使用でいいし、小さいので楽器ケースなどにも入る。
さっそく使ってみましたが、反応も良く、十分ですね。クラリネットの場合、朝顔部分がちょっと遠いのですが、メータはちゃんと見えます。

バンドーレンリード
バンドーレンリード

あわせて、バンドレンリードを10枚箱入りで購入。バラ売りがなかったこともあるけれど、10枚で2184円と、他店より600円近くも安い。

でも、なぜか、迷わず3 1/2を購入してしまった。最近は3を使うことが多いのだけど、学生時代のくせ?かねえ。案の定、総じて堅すぎるためか、タンキングへの反応が悪い。高音のピッチはいいし、張りもあるのだけど、やっぱり息の総量が足りない感じがする。
以前使っていたマウスピースC☆だといいのだけど、5RVではつらい。肺活量も落ちてきているのかなあ。

10枚入りで2枚試したけど、1枚はどうにも吹きこなせそうにない。あと8枚はどうしよう。だれかもらってくれないかな。


リードの値段

vandoren tradtional
vandoren tradtional
6月のコンサートに向けて練習が続きます。

少しリードがへたってきたので、仕事ついでにリードを調達してきました。立ち寄った楽器店では、一枚ずつのバラ売りと10枚入りの箱売りがありましたが、箱入りで2730円。バラが270円。ということで、ばら売りを3枚買いました。そのままレジで精算したら、なぜか3円の端数が。その時はよく考えなかったのだけど、家に帰ってみたら、ばらのリードについている価格が、一枚だけ273円。

こんなことってあり?
もちろんブランドも製番も全く同じ。輸入品だから為替などに左右されるとしてもねえ。レジでも何も言ってくれないなんて。品物を選ぶときによく見ないといけませんね。

合奏練習では、いつも参加している3rdCLの高校生がいなくて、一人だけでした。他は2本ずつなので、ちょっと寂しい。TpやSaxなど他の楽器はパート一人は当たり前なのに、CLは複数が当たり前。いつもながら、自分の音のか細さが目立ってしまいました。

練習曲
 スーパーカリフラ
CANDIDE
Over the rainbow
 The Sound of Music


マウスピース買いました

クラリネットのマウスピースを買いました。
定番のバンドレン 5RVライア  10,720円

今まで使っていたセルマー C☆に不満があるわけではないのだけど、心機一転というところ。

マウスピース
新旧のマウスピース

ちなみに楽器本体はYAMAHAで、マウスピースとりガチャはセルマー、キャップとスワブはクランポン。なんでこんな組み合わせになったのか、今となってはさっぱり思い出せないけれど。

実は試奏させてもらったマウスピースは、ライアのほか、5RV B40 M30(たぶん)の4本。吹いたとたんに違いがわかったのは5RVライアとM30。この2本で迷ったけれど、新しいリードでの高音域の出しやすさで5RVライアに決定。B40は手持ちのリードでは音が出なかった。
30分余りもゆっくりと吹かせてもらったけれど、それぞれ個性があって面白い。楽器は自分以外のものを吹くことはめったにないので、その違いに驚きました。リガチャも変えようかと迷っていましたが、試奏室まで貸してくれた親切な定員さんによれば、リガチャはしばらく様子を見てからということで、マウスピースだけに。商売っ気のないこと。
店員さんは、トランペット吹きらしいけれど、クラのこともよくご存じの様子。でもitouchのチューナーアプリはご存じなかったようで、とっても驚いていました。

こんな親しみのもてる楽器屋さんはいいですね。駅からはちょっと歩かなければならないけれど、頼りになります。

それで、ついでながら、お隣のリペアセンターで見てもらったら、レジスタ管(オクターブキー)が緩んでいる。確かにちょっと押すと小さな管が飛び出してきた。ここから息が漏れてリードミス等になるらしい(腕はともかく)。で、緊急の修理を頼んでタンポも2個取り換えてもらった。こちらで、6,720円。約30分弱でした。

接着してもらったレジスター管とコルクタンポ
接着してもらったレジスター管とコルクタンポ

ちょっと悪乗りして、「低音のE♭が低いのだけど」、と聞いてみましたが、キー調整では無理と言われてしまいました。管材自体は今のものより良いとのことだけど、さすがに年数がたち過ぎてますからねえ。演奏者の腕前通りにしかならないのも当たり前。

自宅に戻ってから、新しいマウスピースで吹いてみると、なんだか、あまり変わり映えしない。いくら楽器を変えても、やっぱり腕前は変わりませんね。
練習あるのみです。


管楽器店めぐり

雨の午後、名古屋市内の楽器店を2件尋ねてきました。先週の2件(うち1件は豊橋)とあわせて、4件。

1件目  YAMAHA名古屋店
 ご存じ日本の楽器屋さんのトップブランドでしょう。お店のほうは、会社が違うようだけど、ともかくYAMAHA。高校生の頃は、毎週のように出かけては、店員さんとも仲良しだった。
 さすがに、本業だけあって、品ぞろえは抜群。YAMAHA製品がほとんどなのは当然だけど、リードなどの小物は充実。楽譜レパートリも広く、関連するCDやDVDもとにかくたくさん。
 地下鉄伏見駅から、徒歩数分と立地もいい。惜しむらくは、自分の行動範囲からはちょっと離れてる。

2件目 オリエント楽器 豊橋店
 豊川が本店らしいけれど、豊橋駅近くのお店は、管楽器中心の品ぞろえ。商業ビルの1階ゆえか、ちょっと狭い。でも小さな防音試奏室(半畳?)もあったし、専任のリペアマンが常駐している。
リードなどの品ぞろえは少なめだけど、楽譜は結構ありました。

3件目 植村楽器
 JR千種駅から、徒歩10分ほど。便利がいいとは言い難いけれど、不便でもないか。
お店は大きくはないけれど、管楽器専門(外見は3階建てだった)。というより吹奏楽専門というイメージ。すぐとなりにリペアセンターがあって、3人常駐している。リードなどの小物も充実しているし、楽譜もかなりの数。木管アンサンブルの楽譜など、とにかくたくさん。バンド楽譜もけっこうありました。
 なにより、相当古いマウスピースの型番を言ったら、即座に特徴を言い当てた店員さんにはびっくり。たまたまかもしれないけれど、さすが専門店です。
後で考えたら、高校バンドの名門名電高がお近くなのですね。中学や高校の強豪校も多いから、こういうお店もあるのかも。

4件目 バルドン楽器
 JR金山駅前のアスナル2階という、交通至便な場所。店は小ぶりだけど、ちゃんとレッスン室もあって、雨でも結構なお客さんの出入りがある。さすが駅前。
楽譜や小物は結構あるけれど、リードのバラ売りはなかったような。YAMAHAやKORGのチューナーや、セルマーなどの古いマウスピースが、2000円ほどで特売されていました。定価14,000円のマウスが90%引き!店員さんが1人でちょっと忙しそうで、かまってもらえなかった。
安城にもお店があるらしい。(安城にも活発な高校バンドがありますね)

ほかにも、イオン各店や名古屋パルコなどにも出店する 島村楽器なども。
こうしてあらためて探してみると、管楽器を扱うお店も結構あるのですね。ショーケースの中でピカピカに光る楽器を眺めていると、幸せな気分になれます。それにしても、クラリネットは少ないなあ。黒くて小さから目立たないのか、また見栄えがしないのか。。。金管やサックスは、文字通り光り輝いていますものね。


間違えたリード

初めての楽器店で、クラのリードを買いました。
定番のバンドレンのほか、結構品そろえはあったのだけど、なぜかばら売りは、3(厚み)のものだけ。で、バンドレンとリコのバラ売りを2枚ずつ買ってみました。

で、うちに帰って、リコの試奏をしようと、口にくわえた。

ん?

なんとなくでかい。くわえ慣れた大きさじゃない。
どうみても、これはアルトサックスのリード。リコは、簡易包装で表に何も書いていない。バンドレンなら個装で楽器のイラストがプリントされているから、過信してしまった。

何で気がつかなかったんだろ。お店の人も一言聞いてくれればよかったのに。こんなの初めてです。

で、このリード、どうしよ。返品は無理だよなあ。