タグ別アーカイブ: 楽譜

これって何調?

楽団の練習に復帰して2週目。もらった楽譜は、あの「ラプソディ・イン・ブルー」。冒頭のクラリネットソロはともかくも、楽譜には#や♭がいっぱい。これって何調だっけ。臨時記号も山ほどある!
苦し紛れに#を手書きしてみたら、ほぼ全部の音符が#だった!

譜読みに四苦八苦していたら、今度は楽譜の書き換え指示が全部で19か所も指示されました。どうやらピアノ独奏を加えるため、吹奏楽版で入っていたピアノ部分をカットし、逆にオーケストラ版の編曲を取り入れるということらしい。オケスコアではA管の楽譜だったりもして、ちょっとビビりましたが、大半はカットばかり。中間部は、ほぼ全面的にカット(というよりこれがピアノ独奏部分。ピアニストには難曲だろうなあ)。

で、カット部分は直接書き込むとしても、書き換え部分を楽譜にどのように載せるか。。。

Rhapsody in Blue

カット部分が多いので、演奏部分だけで書いてみたら、休みが多くて入りの部分が分かりにくい。結局元の楽譜に書き換え部分だけを書いて、切って、貼って・・・のアナログ手法で7か所を作ってみた。(Scherzandoのスペルが間違っているのはご愛嬌)

これだけの楽譜を作るに、今回は定番の淨書ソフトであるFinaleの廉価版PrintMusicを使ってみた。スキャン機能も試してみたけれど、これがどうもなじめない。

設定も慣れもあるだろうけれど、スキャン楽譜の間違いが多く修正ばかり。いざ新規に書きこもうとしても、マウス操作だけでは音符を思うようにおけない。一旦置いた音符の音程や音価を変更したり、連桁や連符の指定もよくわからない。マニュアルを見ると、どうやらMidiキーボードで入力するか、PCのキーに割りつけられたコマンドキーで入力するらしい。

確かに作曲家や編曲家のように、音符が頭の中にあるなら、連続入力できるのだろうけれど、素人の浄書オペレータは、一音一音入れるしかない。

2014-02-09_215933

というわけで、結局今回も、KAWAIのスコアメーカーで作りました。やっぱり使いなれた国内製ソフトが一番かも。マニュアルを見ないで、感覚だけで操作できるのは完成度の高さですね。


リード楽器の宿命

久しぶりに名古屋へ出かけたので、楽器店で新しいリードを買ってきた。

今回は初めてのリコのグランドコンサート赤箱。

今までのゴンザレスも悪くはないのだけど、前回あまりあうのがなかったで、ちょっとお試しです。

で、これがすぐには使えない。ひと箱10枚全部を取り出して、コップの水につけてはガラス板にならべ、一枚ずつ5分ほど試し吹き。それぞれ音色も鳴りも違うので、それぞれに印をつけて分類していく。本番用に育てていくものと、練習用に割り切って使うもの。少し手を加えれば使えるようになるかな。今回は初めてのメーカーで厚みもちょっと薄めだったのか、鳴りすぎるようだけど、なんとか4枚ほどは本番用に使えそう。4割とはまずまずの高確率です。

これをしばらく時間をおいて、何度か繰り返す。練習用のものも少し育ててみましょ。面倒だけど、最初で手を抜くと本当に全部が使えなくなる。リード楽器吹きの宿命です。

 

 土曜日の合奏で、なぜか3rdクラのパート譜が足りないことが判明。それで2ndクラのパート譜とスコアを借りてきて、作ることにした。スキャナで読み込んだ2ndの楽譜をもとに、3rdに書き直していく。幸いにも似たような音形が多かったので、30分余りで完成できた。だんだん手慣れてきたけれど、こんな楽譜の準備も結構手間暇がかかるし、大変です。みんなはどうしているのかな。


クラリネットアンサンブル楽譜

クラリネットでアンサンブルをしようとして、楽譜を探してみた。

なにしろ、タダで、という条件となるとなかなか見つからない(当り前か)。ちゃんとお金を出して買えばいいのはわかっているけれど、結構な金額がする上に、取り寄せて中身を開いてみないことには編曲の難易度もわからない。ちょこちょこっと吹いてみて確認するわけにはいかないのです。

クラシックばかりになるけれど、ネット上にある無料(ここ大事)の楽譜サイトを探してみました。

  • IMSLP国際楽譜ライブラリ 膨大な楽譜ライブラリ。オーケストラスコアからパート譜、オルガン譜などなんでも。
  • Partita.Ru 最近見つけたロシア語のサイト。アンサンブル楽譜もある。翻訳サイトがあればなんとか。
  • Partitions gratuites世界最大らしいけれど、ちょっと探しづらい。
  •  楽譜浄書ソフトsibeliusの交換サイト。有料が多い。
  • 有料だけど、日本の曲も多くて種類も豊富
  • アンサンブルの森 地元で活躍される鈴置氏の編曲サイト。
  • 同人音楽の森 アマチュア?作曲・編曲者の投稿サイト。有料も多い。

もちろんヤマハの運営するプリント楽譜ミュージックエイトなど、ちゃんとした出版社もオンライン出版をしている。これらからサンプル楽譜を見て注文すれば、ダウンロード販売や郵送もしてくれる。

  • 楽譜ダウンロード配信サイト「@ELISE」(アット・エリーゼ) ウィンズスコアアンサンブル楽譜Pro

運命

クラシックファンならずとも誰もが知るベートーベンの第5交響曲。日本では、「運命」と呼ばれるが、これは弟子のアントン・シントラーの「冒頭の4つの音は何を示すのか」という質問に「このように運命は扉をたたく」とベートーヴェンが答えたからとか。これにも諸説あって、海外では運命とは呼ばれれはいないそうな。

 

この曲の吹奏楽版を演奏することになりました。まあ、なんと。

 

当然ながら弦楽5部の多くは、木管族で担当することになる。編曲はいくつかあるのだろうけど、今回指揮者から送られてきたクラリネットパートの楽譜は、1st、2ndがヴァイォリンパートを、3rdがヴィオラパートを主にになっているよう。中音域特有の内声和音が続く…。

ところがこのパート譜、なぜか大変に読みづらい。おそらく編曲者がPCソフトでパート譜を作成したのだろうけど、とにかくやたら音符が小さい。コピーが薄いこともあるけれど、1ページに15段もあるうえに、5線譜の高さが小さくて、下線が多くなると読み取れれない。譜面自体は八分や四分音符主体で難しくはないのだけど。

 

 

元楽譜 編集譜 それで、またまたスキャナで読み込んで、パート譜を作りなおしてみた。あり得ない小節での譜めくりを避けるために、段数や小節数を調整し、ちゃんと譜めくりできるようにもした。もちろん、5線譜の高さは6mm程度に大きくして見やすく。今回は、元の印刷楽譜の状態が良かったのか、スキャンデータの認識には、装飾音を除いてあまり間違いがなかった。それで4楽章分22ページもの楽譜の認識整形でも、わずか2日ほど。まだ細かい間違いがあるだろうけど、一応完成。

こうしてみると、市販の楽譜の見やすさには、感心します。

 

そういえば、大学1年次の教養科目で「音楽」をとったら、そこで指定された教科書が「運命」のフルスコア。で、毎週の授業は、スコアを見ながら毎回指揮者の異なる運命のレコードを聴くというもの。人文大講義室という400人近く入る一番大きな教室での授業は、先生の解説もあってたのしかった。この授業がきっかけになって、先生が指揮をしておられた合唱団に入ったのだっけ。


musescore

オープンソースの楽譜作成ソフトmusescoreを見つけました。これはすごい。

実は、数ヶ月前に見つけてインストールはしてみたのだけど、使えなかった。マウス操作に全く反応せず、フリーズしているのかと。でもダブルブートしている64ビットWin7ではちゃんと動いた。なんで??と悪戦苦闘したが、どうやらワコムのタブレットとダブルモニタのマッピングがずれているらしい。全画面ではなくモニタとのマッピングに修正したら、ちゃんと動いた。

で、このmusescoreが素晴らしい。オープンソースのうえ、いわゆるクロスプラットフォームで、MacでもLinuxでも動く。ミュージックxmlなどの汎用的なファイル形式扱える。アーティキュレーションや記号の種類も豊富で、何に使うのかわからないものまで。見当たらないのは、曲想記号だけど、これも自由テキストで書ける。(フォントやサイズの細かな指定はできないみたい)
段落間隔などのページ書式設定も細かにできるし、なにしろ、フルスコア(パート数に制限はない)からパート譜を書き出すこともできる。これは素晴らしい。

musescore

以前に試用したことがあるKAWAIのスコアメーカーFXと比較して、できないことといえば、紙の楽譜をスキャン入力することくらいか。ためしにスコアメーカーで作成した楽譜をXML出力し、musescoreで読み込んでみたが、ほぼ完全に再現できた。小節番号やリハーサルマークもかけるし、もちろん、MIDIでの演奏確認もできる。おまけに移調楽器があっても合奏調を実音表記にできるなど、至れり尽くせり。

慣れの問題もあるけれど、スラーやクレシェンドが「線」という分類になっていたり、楽器名などのフォントサイズが変更できない、表題など全般的な表現力がやや低い、などの小さな問題はある。スタッカートなどの装飾音は連続して入力したいのに、パレットから音符までドラッグアンドドロップを繰り返さなければならない、など操作性での問題もありそう。

実際に楽譜を作るには、編集機能(コピーペースト)が貧弱な気がするし、連桁音符やいわゆる影譜(他パートを記述する小さな音符)もかけない。本当はできるのかもしれないけれど、このあたりの操作が直感的に分かりにくいというのが最大の欠点です。オープンソースとはいえ、ユーザ数が少ないためか、コミュニティにもあまり情報がなく、当然マニュアルも最低限にものしかない。ネットの書き込みによれば、頻繁に落ちる!ので、こまめにセーブをということらしい。いわゆる自己責任。

でも素晴らしいソフトです。


チャリティー楽譜

東北の大きな震災に対して、いろんな方面から義援金やチャリティの動きがあります。
吹奏楽関連では、ブレーンミュージックさんが、賛同する作曲家の楽譜の売り上げと演奏著作権の全額を寄付するそうです。
http://www.brain-shop.net/shop/c/c0/

一方、「上を向いて歩こう」の楽譜を出版するミュージックエイトさんは、吹奏楽編成だけではなく、木管アンサンブルやクラリネット五重奏などの楽譜を、4月20日まで無料で販売しています。
http://www.music8.com/01home/koramu/uewomuite.php

このような取り組みは、各社各団体が、それぞれできる範囲で支援しようという素晴らしいことです。自分たちの演奏会でも取り組みたいですね、