カテゴリー別アーカイブ: class

電子黒板は使えるか その2

以前に設置した電子黒板が、ようやく使える日が来ました。
http://joint.aichi-u.ac.jp/mt3/2010/02/22_134003.php
当初の教室から、スクリーンのなかったゼミ室へ移動させ、壁際にそって設置しました。これなら不用意にスクリーンの位置が動くことがないので、プロジェクタの位置を決めやすい。
25人ほどの座席のため、電子黒板の視野にはいりやすく、またゼミ室であるためイスの移動なども容易です。
結果としては、まずはスクリーンの代用としては問題ありません。(当然)
電子黒板としての利用では、映写されたWebページなどに、直接ラインを引いたり、マーカーでかこっての説明ではきました。その他の利用については、あらかじめ教材を仕込んでおくなどの工夫が必要です。いくつものページを事前に読み込んでおいて、黒板に記録しておくなどができれば、いいのだけど、その場での工夫ではちょっと使いこなせない。
教材の作り込みは、電子黒板をつないだまま行わなければならないのが、難点。せめてボードのソフトウェアで、ボードをエミュレーションしながら各種準備作業を行いたい。もしかするとそのような機能があるのかもしれませんが、いずれにしても設置した教室までいって、PCやプロジェクタをすべて接続しないと、コンテンツが作れないのでは困りますね
もう一つ。実際に使う場面では、電子黒板とPCをUSBケーブルでつなぐ必要があります。このケーブルが意外と邪魔。せっかくプロジェクタやPCが無線LANになったり、バッテリで動くようになってきているのに、また新たなコードが!
もともとPCを使う教室では、電源やら何やらたくさんのコードがあるのに、また増えたって感じですね。ワイヤレスタイプにすべきだったけれど、お金が足りなかったから仕方ありません。
そういえば、電子黒板を教室間で移動させるには、結構大変でした。まずキャスターに乗ったままだと高さがあって出入り口が通れない。キャスターから取り外して立てると、今度は持ち手がなくておまけにでかいために、一人で運ぶのは難しい。最後にもう一度キャスターにのせようとすると、これまた一人ではどうにもならない。キャスターへの取り付けフックに遊びが少なく、片方だけ引っ掛けてということができず、両方同時に引っ掛けなければならないのです。これがボード本体が意外に重くて、また持ち手がないものだから大変に難しい。
もう少し簡易に移動したりできるようになっていないと、移動させて使うのも無理がありそうです


電子黒板は使えるか

学校の教室IT化の切り札として、電子黒板なるものがあります。

プロジェクション型として、PCの映像をプロジェクタで投影しながら使うタイプです。
これが以外と使いづらい。慣れの問題もあるけれど、まずはセッティングが結構シビアです。ボード上のタッチ位置をもとに手書き(専用ペンでも)による描画操作ができるので、位置合わせは当然なのだけど、移動式のボードとプロジェクタでは、毎回のように位置がずれる。正確にボードいっぱいに映写画面を合わせるのは、結構大変。
PCにセットした専用ソフトウェアも、ボードを接続していないと、操作ができないため、事前の練習や確認にも毎回、ボードを設置した場所まで行かねばならない。というより、専用ソフトは、常駐するので、もともとボードとPCは専用に設置された環境を想定しているのでしょう。
肝心のどのような場面で使うのか、ということだけど、ホワイトボード機能だけを使うには、設置が大げさすぎる。普通のホワイトボードでできることを、PC+プロジェクタ+電子黒板のセッティングが必要。確かに書き込んだ文字などは保存ができるが、研究授業や会議でもない限り、保存して再利用することはあまりなさそう。
あらかじめ準備した資料を提示するなら、PC+プロジェクタ+スクリーンでいい。画面上で操作したり、指示を書き込むなら、そのままPCを操作すればいい。
ボードの設置高さも意外と難しい。
低くすると教室などでは、見にくくなる。
逆に高くすると、ボード操作が難しくなる。
ボード自体が結構重いので、キャスター台にはねじ止めされおり、上下に移動するのは簡単ではない。
あえてメリットを挙げれば、
PC操作が不得手な(あるいはしづらい)場合にボード上で大きく操作できる
PC画面とホワイトボード画面を切り替えながらプレゼンできる
準備していておいたプレゼン資料を一括管理できる
PCにビデオなどを接続しておけば、そのまま映写できる?らしい
いずれにしても、あらかじめセッティングがされているのが前提になる。そのための場所の確保が一番の問題かもしれません。
教室電子化の目玉として、あちこちの学校でで導入されましたが、どのように使われているのでしょうか。プラズマ型なら設置は簡単かもしれません。小中学校のように専用の教室で常時使うにはいいかも。


レポートの赤ペン添削と返却

学生たちのレポートは、紙ではなくて直接電子ファイルで受け取ることが多くなった。
Moodleなどのオンラインシステムによる功績なのだが、逆に、細かな添削指導はやりづらい。
せっかく電子ファイルで提出されても、手元のプリンタで印刷し、赤ペンで添削し、手渡しで返すことも多い。
そこでちょっと調べてみたら、MS-Officeにはちゃんとそんな機能があるのですねえ。
デジタルインク機能とかいうらしくて、Office2007でも2003でも使えるらしい。
office_ink.gifoffice_ink2.gif
ペンタブレットかタッチスクリーンがあれば、通常の赤ペンと似たような感覚で添削の書き込みができる。
もちろんデジタル情報だから、受け取った学生たちも赤ペン部分を自由に削除して、再度、校正をすることができる。
通常の変更履歴によるテキストデータよりも、おおざっぱに問題点を指摘しやすい。
せっかくMoodleでアップさせた課題レポートなら、添削ファイルの返却も、Moodleでやりたい。
と思ったら、こちらも簡単に出来るようです。
課題追加の際に、「高度なファイルのアップロード」を選んでおけばいいだけ。
Moodle高度なファイル
評価のときに、右下の提出レポートを開いて、上記のような添削を書き込んで、デスクトップなどに保存する(ファイル名はなんでもいい)。
これをレスポンスファイルとしてアップロードすればいい。
この時に学生に通知メールを出しておけば、学生は、メールに従ってMoodleで添削ファイルを見ることができる。
画面例では設定していないが、課題設定で「採点のための送信ボタンを有効にする」をYESにしておくと、提出されたレポートファイルは下書きとして扱われるため、添削校正後、学生は再提出することもできる。
<office_ink4.gif
これは使えそうです。
いやあ知らない機能って、いっぱいありますね。


ゼミでのビジネスプラン作成ゲーム

今年のゼミでは、”学内にカフェを作ろう”をテーマに、グループでのビジネスプラン作成に取り組んでいます。
まずは、ディスカッションとアイデア。プレゼンテーションによる評価と修正。これらをもとに、ビジネスに必要なコミュニケーション力やプレゼンテーション力を鍛えます。


ゼミ旅行

2年生のゼミ生たちと、沖縄へゼミ旅行に行ってきました。(今日は二日目)
飛行機の便が悪くて、2泊3日の強行日程のため、参加者がちょっと少ないのが残念でしたが、12名で元気に。
SANY0015 (Small).JPG SANY0023 (Small).JPG  SANY0030 (Small).JPG
今年は、美ら海水族館を第一に、北部の本部地区に。朝の人出の少ないうちに、水族館を堪能してきました。ジンベイサメも、イルカショーもゆっくり見ることができました。
SANY0038 (Small).JPG SANY0055 (Small).JPG SANY0061 (Small).JPG
午後からは、琉球ガラスの体験やパイン園、世界遺産に登録された今帰仁城址へも行ってきました。ちょっと疲れたけれど、修学旅行などでは行かないところで、貴重な体験をしてきました。


会社見学

非常勤で「情報産業論」を担当しています。ここのクラスの学生たちと、企業見学に行ってきました。
今年は、NTT Docomo東海。名古屋の栄にあるビルにお邪魔しました。
採用・教育担当の方からの、会社概要の説明のあと、技術担当の部長さんから、今話題のワンセグへの取り組みなどを、解説いただきました。
そのあとで、少し離れた監視センターのあるビルへ。4000箇所以上もあるDocomoの基地局を、すべて監視しているセンターは圧巻です。Movaと呼ばれる第2世代より、FOMAの基地局のほうが数が多く、カバーエリアも広いそうです。東海エリアの基地局の監視は、わずか10名ほどの要員。皆さん、現場で経験をつんだベテランだそうです。
今では夜間などの対応は、一部、東京にあるNTT Docomoセンタが肩代わりしているそうですが、地元の地理や事情に詳しいオペレータは不可欠。
アンテナは、地上160m。貨物用エレベータで22階まで行き、そこからはヘルメット着用で、格子状の床の階段を上ります。テレビ塔の展望台より高く、絶景ですが、足元からは地上が透けて見えるし、周囲には簡単な手すりがあるだけ。案内していただいた社員さんも、こわごわと手すりにしがみついていました。
PA0_0006.JPG
PA0_0005.JPGPA0_0003.JPG


えんじぇるプラン

6月の卒業研究ゼミで、えんじぇるプランに取り組んできました。
NPOの方々をトレーナーに、ビジネスプランを作成して、投資額を競うビジネスゲームです。
6人ずつ3つのチームに分かれ、町おこしをテーマにして、ビジネスプランを考えます。グループでのディスカッションに続いて、ビジネスプランの作成、プレゼンテーション。そしてプレゼンを基にした評価を投資(通貨は一人100ヤッター)で表現しました。投資額やコメントをもとに、プランを練り直して、再度のプレゼンテーションと投資。
ここまで4週間のビジネスゲームです。トレーナーの方の的確なアドバイスを受けたり、みんなで時間外にも集まってプランを考えたり。忙しくもあったけれど、グループでディスカッションしたり、コミュニケーションをとったりすることの大切さも学び、またビジネスの一端を理解することができました。




ビジネスゲーム

2年生対象の卒業研究ゼミでは、6月のテーマとして、ビジネスゲームを取り入れています。
NPOの協力の下、起業のビジネスモデルを考える「えんじぇるプラン」プログラムです。就業支援対策でもありますが、ビジネスで不可欠なコミュニケーション能力、企画力、グループディスカッション力を育成するプログラムです。
第2週に入り、グループ別にビジネスプランを創案して、発表するところまできました。
にぎやかに自分たちのプランを考えていくグループもある一方、ひたすらにプランを練り上げるこだわりグループがあったり、それぞれ個性が出ます。グループ内での意見交換や他の意見の整理が、このプログラムの狙いなのですが、ゼミの仲間とはいえ、ひとつの形にまとめるのは、難しい作業です。時間の制約もあり、何を中心にするか、なかなか意見がまとまらないようす。少ない人数であっても、チームで仕事をするには、コミュニケーションは必須。人の意見を聞くには、自分の意見を主張しなければなりません。自己主張が強すぎれば、ほかの人が意見を言いにくい。このあたりのバランスが難しいところ。
ともかく、なんとかグループでのプレゼンテーションまでこぎつけました。発表では、人前で自分たちの考えを伝えること、理解してもらうことの大切さを感じ取ることが目的。大きな声やきれいな提示資料だけではなく、熱意が伝わるかどうか。1回目の発表を終えて、ブラッシュアップにかかります。


図書館利用ガイダンス

1年生の基礎演習クラスでは、図書館の利用ガイダンスをおこないました。
図書館の司書の方に、スライドを使った図書館の概要説明を受けた後、OPACを使っての図書検索演習、館内案内をしていただきました。
館内では、大変貴重な図書であるパピルスや豆本なども見せていただきました。時間が足りなくなってしまうほど、図書館のすごさを体験できました。
ガイダンスで学んだことを生かして、来週からは、図書文献資料の紹介プレゼンテーションです。


基礎演習

基礎演習で学内をまわりました。
旧短大本館では、整備の方たちに中に入れてもらいました。10年前に赴任したときは、ここで短大の会議なども行われていました。重厚なつくりはそのままですが、窓ガラスが破れ、壁の痛みも激しくなっています。悲しいけれど、これが現実。
つづいて、大学記念館へ。
先週までに読んできた「愛知大学設立趣意書」そのままに、愛知大学の歴史を感じることのできる記念館です。
旧学長室などでは、雰囲気も50年前。いつまでも残しておきたい愛知大学の原風景です。