RedHat9のインストール

 RedHatのインストールは、市販の書籍に付属のものを使用。以前に、96年製のPenitum133Mhzマシンにインストールしたら、LANカードやビデオカードの認識にてこずり、おまけに稼動中にKernelPanicでハングアップすることしばしば。今回は何も問題なし。いくらLinuxとはいえ、マシンはある程度新しいものが必要なようです。


サーバタイプを選択してインストールしますが、今までの教訓から、次のものを入れておくことに。
 コンパイラやエディタなど環境構築環境(最低限Viやtarが動けば何とかなるけど)
 コマンドラインに慣れないのでXserverも(ほとんど使わなかった)
 telnetやsshなどのリモート環境
 apache (rpmでは2.0.40-21)
 Perl  (5.8.0)
 Perl-DBI 
 Perl-DBD-Pg
 PostgeSQL (7.3.2-3)
 PHP (4.2.2-17)
 php-pgsql (4.2.2-17)
 php-pgsql-libs (7.3.2-3) などなど
必要なプログラム群をインストール、設定していく段階で、使ったコマンド
su ? :スーパバイサヘの切り替え
slocate :ファイル検索
whiche :コマンド検索
cp    :ファイルコピー
cp -rf :ディレクトリごとコピー
mv   :ファイル移動
rm   :ファイル削除
mkdir :ディレクトリ作成
rmdir :ディレクトリ削除
vi    :標準エディタ
rpm ?Uvh :rpmパッケージのインストール
rpm -q | phpなど:インストール済みパッケージの検索
rpm -e:rpmパッケージの削除
tar zxvf :tar圧縮ファイルの解凍
nkf -e infile > outfile :文字コードのeuc変換
cat file | tr \\r\\n \\n :改行コードをCF+LFからLFへ
知らないことばかりで冷や汗の連続・・・


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください