UPS管理

サーバーのUPS(無停電電源)を取り換えたら、管理ソフトで認識できなくなった件の続編です。結果的には、サーバーの管理ソフトエージェントを再インストールしたら復帰しました。

  • UPS APC  SmartUPS-700
  • ソフト PowerChute Business
  • サーバ Redhat

2014-07-25_194637

 

理由はよくわからない。結局、UPSも元のものに戻したし、サーバー側の設定も変えていない。ptablesで通信ポートを開けたり、再起動させたりもしたけど駄目だった。管理コンソールのバージョンも、サーバーのエージェントバージョンも7であっているし。だいたい今までこれで動いたのに。最後にエージェントをrpmでバージョン8にしたらあっさりつながった。「バージョンを合わせなければなりません」、という説明を信じていた自分が馬鹿だったのか?


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください