1oo円工作 リードケース

100円ショップで調達してきた小箱で、リードケースを作りました。

この小箱、さすがに100円だけあって作りは雑だけど、アガチス材?(修正:バルサ材みたい)とシナ合板製で軽く結構きれい。なによりヒンジで開く蓋も留め金具もついている。これだけの材料を個別に揃える事を考えたら、材料代だけでもお得。

これが元の状態。内寸は85mm×105mmで深さも結構ある。で、のこぎりで上下とも厚み10mmにカット。ヒンジ金具と止め金具を元どおり取り付ける。ここまで材料費0円。

内部には、手元にあった2mm厚のアクリル板を斜めに差し入れ、角度を支えるように、これまた手元にあったコルク板を貼り付けて固定。手前側は、箱の淵からわずかに高くなるように。さらに上蓋側には、これまた手近にあった5mm厚のスチロール板の端材をベースに、100円ショップで調達したノリ付きフェルトをカットして貼り付けた。材料費は50円程度か。

素人日曜工作としては、まずまずの仕上がり。白木のシナ材にプリントされた絵柄も、内側に貼った黒のフェルトも、なんだかぴったり。吸湿性などは無視! 必要なら、アクリルの下にシリカゲルでも敷き詰めよう。

バスクラのリードがちょうど5枚入ります。普通に買えば、2500円くらいはするから、抜群のコストパフォーマス。わーい。


コメントを残す