知立まつり

知立神社のお祭りに行ってきました。
SANY1071.JPG 2010年5月3日 本祭り
 町内から5台の山車が繰り出し、知立神社の境内に引き入れられた後、人形文楽(三人遣いの人形浄瑠璃芝居)が上演されます。今年は、西町の保存会が上演するからくり人形文楽で、90年ぶりに平治合戦が再演されるということで、数年ぶりかで見に行ってきました。

SANY1043.JPG 山車の引き回しでは、神社の鳥居前に立ちはだかる国道の高架橋を迂回するため、重い山車をほぼ直角に回転させる必要があり、ここでのかつぎあげが見ものです。
往来の激しい国道上でも、すべての車両をとめて、山車をUターンさせます。無粋なコンクリートの道を、神社前に作るのには感心しませんが、そのことで大きな見せ場を作る結果にもなっているようです。

SANY1061.JPG 境内に曳き揃えられた山車の上では、順に人形文楽が上演されます。いつもは人影もまばらな狭い境内は、文字通り身動きもできないほどの人出であふれかえり、強い日差しもあって立ちくらみがするほどでした。
続いて、西町のからくり保存会による、からくり人形文楽の奉納上演。本来ならばこれも山車の上で上演されるものだそうですが、山車の高さが低くなったために、特設舞台での上演になったのだそうです。いつもは一の谷合戦だけであったのを、国の補助も受けて90年ぶりに復活した平治合戦。新しく作られた人形は、予想外の動きがありました。というより、話の筋をよく知らないものだから、動きが予測できない。それでも、糸で操られているはずの人形が、別の人形に放り投げられたり、天狗の人形につかまれて去っていくのには、驚きました。どうなっているのだろう。


朝日新聞の記事
 http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001004230001
読売新聞の記事
 http://www.yomiuri.co.jp/tabi/news/20100430-OYT8T00837.htm
知立市の紹介記事
 http://www.city.chiryu.aichi.jp/0000000936.html
 http://www.city.chiryu.aichi.jp/0000000689.html
http://www.katch.ne.jp/~ksj/index.html


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください