Bluetoothキーボートでワンタッチキー

Bluetoothキーボートを改造して、ワンタッチキーを作ることにした。

アイデアはすぐに思いついたのだけど、適当なキーボードを見つけられなかった。大きいと利用者さんの邪魔になるし、せっかく入手したキーボードも、ねじが特殊で内部を開けられなかった。それでまほろばさんのページで紹介されていたのと同じ、ミニキーボードを使うことにしました。スマートフォンサイズで中国製らしく、分解はいたって簡単。スペースキー部分の基盤2か所にリード線をはんだ付けし、これを外部のリレースイッチに接続。リレースイッチは、手元にあったiPodTouchのケースに両面テープで収めました。これがぴったり。

iPodTouchのケースは、さらに、下に敷いたアクリル板に両面テープで貼り付けて仮設置しました。

SANYO DIGITAL CAMERA

これでiPad のトーキングエイドを駆動することができました。
トーキングエイドはオートスキャン設定で、キーボードのSPACEキーが決定になります。

IMG_0006

 

先に設定した静電スイッチは、意外と消費電力が大きいようで、iPadに接続したままだと、数時間でiPad miniのバッテリが切れてしまいました。こちらのBluetoohキーボードは、使用頻度にもよるのでしょうけど、3日間くらいは大丈夫のようです。なによりケーブルがないので、取り回しが自由になり、スイッチやiPadの設置もうんと楽になりました。

SANYO DIGITAL CAMERA
試用している様子

使用機材

 


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください