タグ別アーカイブ: 音楽

スケール練習

スケール練習

毎日の基礎練習にはスケール練習が欠かせない、というコンミスさんのすすめもあって、スケール練習用の楽譜を作ってみました。

最低音のE(実音D)から2オクターブの上下音階を14種類。
実音でいえば、Ddur、Esdur、・・・・とまずは長音階だけ。これの短音階を作れば完璧かも。
ちゃんと練習すれば・・だけどね。


先週できていたことが・・・

ゴールデンウィーク真っ只中。小雨模様ながら、なんとか土曜日は持ちこたえました。

午後からのアンサンブル練習では、しばらくリード談義に。リード楽器の宿命とはいえ、それぞれ苦労しています。バスクラリネットは、通常、5枚入りで3000円位するのだそう。B♭クラの単純に2倍です。これをボーナス時などに10箱くらいまとめ買いしておくのだとか。それでもあたりはずれが多いので、プラスチック製のリードも試しているそう。一枚2000円位と高いものの、あたりはずれがなくて、劣化しないので、非常用に重宝しているらしい。もっとも音はやはり葦のもののほうがいいように感じるらしい。

エキストラで吹くコントラバスクラになると、もっと高いし、なかなか入手さえ難しい。一回のステージ(それもほぼ1曲)のリード代だけで数千円は痛い。

B♭クラで、プラスチックリードを使っている人はいないけれど、天然材のリードは、天候にも左右されるし、本当に苦労する。はじめはいいなと思ったリードが、一週間後にはまったく鳴らなかったりする。逆に、没にしたリードが、しばらくすると、すばらしく鳴るようになったりする事も。この感覚は言葉にできないし、天候や自分自身の体調によっても変わるみたい。いや、難しいです。

肝心のアンサンブルでは、先週の練習ではできていたことが、すっかりできなくなっている。緊張感とかだけではなく、やっぱりちゃんと練習していないとだめなのですねえ。

夜の全体合奏では、古典ものの初見練習。2曲目の「バラの謝肉祭」など、どこかで聴いたことのあるフレーズもあるけれど、譜面はやさしくても音楽にするのは本当に難しい。音程あわせもさることながら、譜面に書いてあるリズムやフレーズをただ音にするだけではなく、音楽にするには??が続きます。それも初見で?!


一年経ちました

市民バンドに入れてもらって1年がたちました。

毎週末の練習は、楽しみである半面、「できない」ことへのいら立ちというか、自己嫌悪というか・・・。中学や高校は、いわゆる吹奏楽の強豪校でも何でもないし、大学に至ってはサークルすらなかった。唯一、音楽専攻生らのバンドにちょこっとだけ参加させてもらっていた。それ以来のバンドなのだから。音楽にレベルがあるかどうかはわからないけれど、週1回の練習だけで、クラシック曲を仕上げていくペースの速さには、正直ついていくのがやっと。

それでも日にちだけは過ぎていくので、演奏会まであと2週間になってしまった。いまだに正確にできない(吹けない)パッセージもある。周りに迷惑をかけないように祈るばかり。
土日に練習でも、ちょっとした感覚の違いというか、注意力の欠如がでてしまう。音符や指づかいに気を取られると、息のスピードやタンキングがたちまち乱れてしまう。フレーズの流れを意識していると、指がもつれる、といったありさま。

隣市の市民楽団の演奏会を聴きに行ってきました。本当の目的は、演奏ではなくて司会者のほう。いろいろとお世話になっている方なので、何はともかく駆けつけた。落ち着いた司会ぶりはさすが。ちょっとばかり演出過多かなと思えたけれど、演奏も司会に合わせたような落ち着きぶり。ジャズ風のアレンジや、スタンドプレイの多さは相変わらずだけど。

吹奏楽にもいろんなスタイルがあることがよくわかります。スィウングや、ジャズバンドのような演奏もあれば、クラシックスタイルを貫くところもある。総じて学生バンドは、あれもこれもとやるけれど、若さのパワーで押し切っていく。マーチングドリルなどで個性を出すところもいくつか。一般バンドは、学生ほどの一体感もパワーもないけれど、逆に緩やかで穏やかなアンサンブルが魅力なのかもしれない。そんな演奏会になるといいな。


二日連続

本番まで1カ月余りとなり、土曜日夜に加えて、日曜日の強化練習も始まりました。
土曜日は、初めてのエキストラの方も加わって、客演指揮者の下、曲作りです。これがなかなか進まない。フレーズの感じ方だったり、ドミナント(導音)からトニカ(主音)への響きの違いだったり・・。もともと海外のクラシック曲は、日本人にはなかなか理解できない部分も多いけれど、アマチュアメンバーにとっては、それぞれの音楽のスタンスも違うし、当然ながら感じ方もバラバラ。エキストラの人たちも、セミプロもいれば、他のアマチュアバンドやオケメンバーまでさまざま。技巧的には難曲ではないものの、初見で合わせるのはやはり難しい。

<合奏練習曲>

  • メンデルスゾーン 吹奏楽のための序曲
  • ベルリオーズ  葬送と勝利の交響曲

続いての日曜練習は、会場の都合で、午後から8時過ぎまで。二日続きのためもあってか、練習参加者はちょっと少なめ。エキストラの方もいないので、ややさみしい合奏でした。せっかく、広いリハーサル室だったのにね。ま、その分それぞれの音がよくわかって、音程が不ぞろいだったり、アインザッツの乱れも明白。高音のピッチ合わせは難題です。さてどうしましょうね。

日曜の長時間とあって、小さな子供連れだったり、わずかな休憩時間に受験生の夕食作りに駆け戻ったり、団員の皆さんはそれぞれに工夫と努力をしている。家族の理解や協力も必要だし、女性陣は本当に大変そう。これが市民バンドの苦労するところだけれど、それはその分楽しいことでもある。

練習は楽しいけれど、2日間、吹き続けるのは本当に大変。クラパートは、ほぼ休みなし。全休符どころか、4分休符でもあると嬉しい、という状態。一曲丸々休み(降り番というらしい)があるというサックスパートの人たちには、半分でもいいから分けてあげたい気分。リードも悲鳴を上げ始めて、いつもなら2時間程度は同じリードでもふけるけれど、さすがにへたり始めた。学生バンドのように毎日吹くわけではないし、ゴンザレスリードはバンドレンに比べると耐久力はあるようだけど、4枚それぞれのリードとも3カ月ほど使って来て、そろそろ限界のよう。ぼちぼち、本番に向けて新しいリードを準備し始めることにしよう。

それにしても、一日たっても唇が痛い。こんなので2時間余りの本番が持つか、心配です。

<合奏練習曲>

  • ワーグナー 忠誠行進曲
  • ワーグナー 葬送の音楽
  • メンデルスゾーン 吹奏楽のための序曲
  • メンデルスゾーン 葬送行進曲
  • ベルリオーズ  葬送と勝利の交響曲
  • ワーグナー エルザの大聖堂への行列
  • プッチーニ 電気ショック

演奏は気持ち その2

週末の合奏は楽しいものです。仕事や日頃の人間関係とは無縁の、ただ同じ趣味を持つ者同士だけが集まる時間。これが楽しくないはずはない。

それでも演奏には気持ちが入らないと、いい演奏はできないし、楽しくない。今週は仕事のこともあってか、なかなか気持ちが乗らず、モチベーションが上がらない。楽器も敏感なようで、ピッチはそろわないし、ついには合奏中にG#/Aの音がまったく変な音になってきた。水がたまったということだけではなく、何か変。というわけで、不完全燃焼のうちに終わってしまいました。うーーん。

<合奏練習曲>

  • 葬送と勝利の交響曲 ベルリオーズ

そういえば、金曜日の仕事帰りに名古屋の楽器店に寄ってたら、同じバンドのメンバーに会いました。金管なので、普段はほとんど会話を交わすこともないのだけど、どうやら楽器の個人レッスンに通っているのだとか。皆さん、ちゃんと練習しているのですねえ。見習わなくちゃ。

楽器店に寄った目的は、クラリネットケースが見たかったから。今のケースは、クランポンの純正だけど、古いこともあるし、小さすぎてリードやスワブも入らない。移動のたびに小物をたくさん持ち歩かなければならないのが不便に感じていた。G#/Aの音がおかしいのも、ケースの中で無理があるような気がする。

ただ金曜日の夕方で、店内は結構なお客さん。なんだか声をかける気がしなくて、そのままになってしまいました。またそのうちに。


演奏は気持ち

なんでもそうだけど、気持ちが入らないとうまくいかない。音楽は特にそう。記号の羅列でしかない楽譜を見ながら、一つ一つの音を作っていく。これは相当に高度な頭脳労働。だからこそ、気持ちが乗らないと音楽も乗らないし、音もちゃんと出ない。

今週は仕事も忙しく、なんだかんだで、先週日曜の合奏練習から、一週間まったく楽器が吹けなかった。合奏日の土曜日も朝から仕事。そのまま練習会場に駆け付けたものの、やっぱり気持ちが乗らず、音も音楽もなんだか不完全燃焼。こういうときって、何をやっても駄目。寒さだけではない、心の寒さを感じてしまった。

こんな時、メンバーの気持ちを一つにし、気持ちを高ぶらせていくのが指導者の大事な仕事。カウンセラーやコーチングの基本的な方法論でもある。ただ強く間違いを指摘したり、ましてや感情的な言葉を発すると、かえって逆効果になることも多い。趣味の音楽をするときに仕事のことを思い出すのは、あまり楽しいことではないけれど、人と会うとき、人と話すとき、忘れないようにしておきたい心得ですね。

〈合奏練習曲〉

  • 吹奏楽のための序曲 メンデルスゾーン
  • 葬送の音楽 ワーグナー

音楽作り

3月の定期演奏会に向けての練習が本格化してきました。客演指揮の先生を迎えての合奏練習は、エネルギッシュな指導のもと、ちょっとハードです。

練習時間はいつもと同じ2時間。ベルリオーズの曲は難曲ではないのでしょうが、ほぼ休みなくフォルテッシモが続くこともあって、息(体力)が続かない。指揮者の指示は、音楽的なフレーズの取り方だったり、アーキティキレーションだったり、またはパート間のハーモニー音程だったり。これは教えられるものではなく、感じること、聴くことによってのみ表現できる。頭ではわかっていても、これを表現するのは大変に難しい。そんなこんなで、あっという間の2時間。とっても疲れました。

自分のパートだけを見ていても、ハーモニーやフレーズは分からない。参考音源を聴いても、目立つパートしか聴こえてこない。スコアを読むようにとの指導だけど、移調楽器も含めた多くのパートの動きを読み取るのは、これまた至難の業です。それでもあと5か月あまり。本当に久しぶりの音楽の勉強です。

<合奏練習曲>

  • Berlioz, Grande Symphonie funebreet triomphale OP15
  • Mendelssohns, Overture für Harmontemusik OP24
  • Beethoven, Egmont Overture
  •  

    練習後、クラパートのメンバーの結婚を祝って、本当にささやかなパートメンバーからのプレゼントを贈りました。顔は見ていても、音は聴いていても、話をすることが少ないので、ちょっと新鮮。少しずつメンバーとの距離感も縮まってアンサンブルにも良い影響があるのかもしれません。


    カデンツのピッチ

    夏休み真っ最中!ということで、週末の夜の練習には、出席者も少なく20名ほど。学校の先生たちは林間学校だったり、会社勤めの人たちは短い夏休みで帰省や行楽だったり。そりゃ普段から毎週土曜日にいないのですから、たまには家族サービスも必要でしょう。

    人数が少ないこともありますが、いつものカデンツ練習でのピッチが合わない。主音に対して5度や3度の音が微妙にずれる。特に自分の楽器は、なぜかE♭とFのピッチが安定しない。もちろん楽器のせいばかりではないのだろうけど。指使いや息のコントロールで何とか合わせようとするのだけど、一つの音ばかりに注意していると、今度は音色が変ってしまう。
    チューナで見ていると、単音で鳴らした時のE♭とFは低くなる。でも、合奏で音階をとると今度は少し高い。うーーーん。
    クローゼ教則本
    帰省のときに、実家の書棚からKlose教本を持ってきた。クラリネットとしては定番の教則本。技巧練習や音階練習などの基礎練習が続く。夏休みの間、しばらくはこんな練習をしておきましょう。音程や音色にも少しは役に立つでしょう。