カテゴリー別アーカイブ: 研究会

第8回研究会報告

第8回研究会報告
日 時:2005年1月22日(土)13時半から16時
参加者:安藤、林、蒋、龍
講 演:鎌田 宗憲 (豊橋市立豊橋高等学校教頭)
    村松 聡子 (愛知県立豊橋西高等学校教諭) 
テーマ:高校における情報教育の実情
高校の情報科実施状況について、指導要領や教科書の編修に関わっておられる鎌田氏から、、普通科情報活用コースの実践内容について村松氏から、それぞれ豊富な事例を元に話題提供をいただき、情報交換を行った。
教科設立の議論からすでに10年、教科書の改訂も編集と出版には2年の時間差があり、実際の授業実践と理念がなかなかかみ合わない悩みが報告されました。実際の教室では、教科書よりも副読本やCisicoなどのベンダー教材が多く使われ、そのぶん担当教員の研修努力が不可欠となっている。
大学等における情報教育においても、同様な傾向がみれられるものの、より広範囲な生徒が学ぶ高校での実践では、教員側の準備が欠かせない。それぞれがわずかな15日間研修で情報科の教職免許を得ているだけなので、より負担感は大きい。
高校と大学の連携は容易ではないが、それぞれの情報交換・意見交換を継続的に実施することにより、相互に研鑽しつつ情報教育を実践していくことが確認されました。
鎌田氏のWebサイト:http://www2q.biglobe.ne.jp/~kamada/joho.htm
豊橋西高等学校情報活用コース:http://www.toyohashinishi-h.aichi-c.ed.jp/
SANY0161.JPG

続きを読む 第8回研究会報告


第8回研究会

第8回研究会開催
「情報システム研究会」は、愛知大学で組織する情報システムの研究会です。情報教育カリキュラム、データ構造、テキスト、システムなどをテーマに、自由な情報交換を目指します。
第8回の研究会は、下記のように開催いたします。学生を含む、皆様の自由参加をお待ちしております。
             記
■場所:豊橋校舎、4号館1階メディア教育開発室
■時間:1月22日(土)、午後13:30〜15:00
■テーマ: 高校における情報教育の実情
■内容:
2006年度カリキュラム改定においては、新学習指導要領で学ぶ高等学校との
関連を強く意識せざるをえない。特に情報分野については、新教科「情報」
の実施内容やその目標についての理解は欠かせない。今回は、高等学校で情
報教育に取り組んでおられるお二人の先生に話題提供をいただき、高校と大
学の継続的なカリキュラムや今後の連携について理解を深め、意見交換をし
たい。
 鎌田先生は、高等学校用「情報」教科書の執筆者でもあり、情報教育ばか
りではなく、高等学校教育全般の見地から、村松先生は、普通科情報活用
コースという貴重な実践の中から、それぞれ熱き思いを語っていただきま
す。
■講師:鎌田 宗憲 (豊橋市立豊橋高等学校教頭)
    村松 聡子 (愛知県立豊橋西高等学校教諭)
■司会:龍 昌治、愛知大学、情報メディアセンター長
■共 催:愛知大学「高大連携による情報教育カリキュラムと協働プログラムの策定」共同研究班
                           以上


第7回研究会

第7回研究会の開催について
第7回の研究会は、下記のように開催いたします。学生を含む、皆様の自由参加をお待ちしております。
                       記
■場所:豊橋校舎、4号館1階メディア教育開発室
■時間:12月18日(土)、午後14:00〜15:30
■テーマ: セキュリティと認証 ――実例紹介
■内容:
ネットワーク上のセキュリティの運用技術の基本には、ファイアーウオール、暗号、認証、PKI 等があり、セキュリティの運用に関してはセキュリティポリシーを定めておくことが必要である。また認証等の技術は電子商取引等に応用される。一方、これらの技術により不正アクセスや違法コピーを実行しようとする悪意をもった行為に対しても対処しなければならない。
前回の基本原理を引き続き、今回は、JAVAによるそれらのプログラムの実例を見ることにしたい。
■講師: 林 芳樹 愛知大学、国際コミュニケーション学部 非常勤講師
■司会:蒋 湧、愛知大学、経済学部教授
お陰さまで、今年の4月本研究会発足以来、7回の定例研究会を開催しました。研究会の詳細について、http://sryo.aichi-u.ac.jp/mitg/へアクセスして下さい。2005年度も定例研究会の開催を計画しておりますが、皆さまのご参加をお待ちしております。


第6回研究会報告

第6回研究会は、遠来の参加者もあり、大変熱のこもった研究会になりました。
日 時:11月20日(土)14時から16時半
参加者:李 頡(つくば大学)、河田(経営)、安藤(非)、垣内、蒋、湯川、斉藤、龍
講 演:林 芳樹 
テーマ:セキュリティと認証 ―― 基本原理
多くのスライド資料を基に、暗号化の基本原理について、詳細な解説と、今後の研究方向が示されました。数学的な理論についての質疑が続き、難解であるものの、その考え方については、多くの示唆をうることができました。
実際のWebシステムなどで使われているNISやLDAP,Activedirectoryなどの認証システムについても、Javaによる実装方法など多くの議論が交わされました。
惜しくも時間切れとなり、次回も引き続いて、林先生に、プログラムにおける実装方法について、ご講演をいただくことになりました。
次回研究会の予定
日時:12月18日
講演:林先生
内容:JAVAと暗号化技法の実際?
041120_1.jpg 041120_2.jpg


第6回研究会例会

「情報システム研究会」は、愛知大学で組織する情報システムの研究会です。教育、データ構造、テキスト、システムなどをテーマに、自由な情報交換を目指します。研究会の詳細について、http://sryo.aichi-u.ac.jp/mitg/へアクセスして下さい。
第6回の研究会は、下記のように開催いたします。学生を含む、皆様の自由参加をお待ちしております。
                   記
■場所 : 豊橋校舎、4号館1階メディア教育開発室
■時間 : 11月20日(土)、午後14:00〜15:30
■テーマ:  セキュリティと認証 ―― 基本原理
■内容 :
 ネットワーク上のセキュリティの運用技術の基本には、ファイアーウオール、暗号、認証、PKI 等があり、セキュリティの運用に関してはセキュリティポリシーを定めておくことが必要である。また認証等の技術は電子商取引等に応用される。一方、これらの技術により不正アクセスや違法コピーを実行しようとする悪意をもった行為に対しても対処しなければならない。
 今回は、これらセキュリティの運用の核となる技術の基本的な構造(即ち共通鍵暗号・公開鍵暗号・メッセージダイジェスト)や認証を概観し、JAVAによるそれらのプログラムの実例を見ることにしたい。また、余裕があれば鍵管理(鍵の生成・保管・配布)をも扱いたい。
■講師 : 林 芳樹 愛知大学、国際コミュニケーション学部 非常勤講師
■司会 : 蒋 湧、愛知大学、経済学部教授
追伸:第7回研究会の予告:
 12月中旬に、林 芳樹先生から、引き続き「セキュリティと認証 ―― 実例紹介」についてのご講演を予定しています。
                                              以上

続きを読む 第6回研究会例会


第5回研究会報告

第5回研究会は、10月2日(土) 雨の中、大変熱のこもった議論が続きました。
参加者:中尾、湯川、林、斉藤、蒋、川端、龍
発表者:中尾 浩
タイトル:言語データベース構築デザイン論
コーパス言語学からのアプローチ、また、データベース論からのアプローチもあり、実践的でパワフルな講演に対して、XMLの可能性、SQLデータベースの限界、その方法論まで、多様な議論が続き、予定時間をオーバーして、16時過ぎまであつい議論が交わされました。
非構造化データベースの構築は可能なのか、XMLなどのタグ付データベースを自動作成できるのか。パターン認識やDPマッチング、オントロジー、非線形理論や立体的線状性など、それぞれの立場からの、幅広く、かつ深いアイデアや議論は、その後のメーリングリストでも延々と続いています。
次回研究会の予定
日時:11月20日ごろ
講演:林先生
内容:JAVAと暗号化技法?


第5回研究会

第5回研究会は、次のとおり開催します。
ぜひご参加ください。
日時:2004年10月2日(土) 14時から15時30分
場所:514教室
発表者:中尾 浩
タイトル:言語データベース構築デザイン論
内容概要:言語を分析する際に、データベース(コーパス)を利用することは広まってきているが、そのデータをどのようにデザインして構築するか、については必ずしもスタンダードが確立されていない。この発表では、発表者のデータベースとの取り組みの遍歴を紹介しながら、言語データベースをデザインする方法について、聴衆の皆さんと一緒に考えてみたいと思っている。


第4回例会報告

第4回例会は、やや参加者が少なかったのですが、内容が大変に濃く、意味のある研究会でした。
日  時:7月3日(土) 午後2時から3時半
場 所:64C教室
タイトル: XMLによるウェブベース教材の作成
講  師:齊藤正高
参加者:斉藤、垣内、蒋、湯川、林、中尾、龍
XMLの使い方として「IE6.0で抽出表示できるDB」でしたが、オープンカレッジの講座で使われているXMLベースのWebアプリケーションサンプルをベースに、話題はあちこちに飛び、言語研究の専門的な話までにおよびました。
話題や質疑が多岐にわたり、再録できませんが、研究会後にMLで交わされたテーマです。
1.HTMLとXMLの関係について
2.XPathを使用できる環境について
3.XMLの作成ツールについて
4.XMLの要素名に使用できる文字について
5.XMLのwell-formedとValidについて
そのほか、XMLとMathMLなどなど。
次回の予定
日時:9月中旬
発表:中尾先生
テーマ:??
お楽しみに。


第4回例会

第4回研究会は、下記のとおりとなりました。
日  時:7月3日(土) 午後2時から3時半
場 所:64C教室
タイトル: XMLによるウェブベース教材の作成
講  師:齊藤正高


第3回研究会報告

第3回研究会は、参加者も増え、盛会裏に終了しました。
テーマ:「データベース・アプリケーションの基本設計」
講 演:蒋先生
参加者:林、垣内、蒋、湯川、中尾、斉藤、小田、柿木、龍
マイクロソフトの.net環境による、授業管理システムの構築と運用について、特にオブジェクト指向によるデータベース設計のポイントを説明いただきました。
複雑なデータ構造であっても、ユースケース分析に基づいて、クラスを設計することにより、上位クラスからの継承を行うことができ、結果的にコーディングがきわめて簡単になることが示されました。コーディングの軽減は、そのまま開発期間の短縮と、保守性の向上につながることもポイントです。
一方で、このような最新の開発技術を、一般学生に講義することの困難さもあわせて示されました。
質疑応答の概要
・オブジェクト指向による開発概要が理解できた。
・伝統的な開発スタイルからの変更は、なかなか難しい。
・VBなど従来の開発環境からの移行をどのようにすすめればいいか。
    etc.・・・・
プレゼン資料1.3MB

次回の予定

日時:7月3日(土)午後
発表:斉藤先生
テーマ:XMLによる言語研究?
詳細が決まりましたら、メーリングリストおよびWebでお知らせします。
————————–
当初予定の6月24日(土)は、車道校舎にて情報メディアセンター開設記念イベントが予定されているため、延期になりました。