互換バッテリーは危険かも

持ち運びのできるモバイルルータPlanex CQW-MRBを購入しました。こちらは基本的な設定をしただけで、まだ本格利用はいていません。で、今回は、そのバッテリのこと。
Amazonの薦めるままに、互換バッテリを2個購入しました。
そしたら、この2個とも、充電さえできない。CQW-MRBの充電器が悪いかと思いきや、添付の正規品では問題がない。考えあぐねて、返品か交換をしようかと考えたのだけど、ふとググってみると、やはり同じ現象があるようです。なかでも、「CQW-MRB用の予備バッテリーを削ってみた。 」とそのままの御仁がおられた。
たしかに見比べると、正規品より電極周りのカバーが厚い。これが原因で、CQW-MRBの端子と接触しないのでしょう。rowa.jpg
それで、バッテリを装着する際に、ちょっと強めに押しこんでみたら、無事充電が始まりました。
いや、充電する前に端子電圧を計ったら、ちゃんと定格通りの電圧が出ている。ということは、どうやら接触不良で保護回路か何かが働いていて、充電も放電もできなくなっているのでしょう。
CQW-MRB側の端子の長さが足りないのかもしれない。
 (写真手前がPCIの純正品、奥がROWAの互換品)
あまりの安物買いは、やっぱり危険が潜んでしますね。それにしても、こんなことでいいのかなあ。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください