タグ別アーカイブ: ステージ

「運命」演奏会

昨日は、所属している吹奏楽団の演奏会。

今回のメインは、ベートーベンの運命。オーケストラ曲を、吹奏楽で演奏することの是非というか、様々な意見があるけれど、アマチュアの楽団とすれば、練習を通じてクラシック音楽の基礎というか、楽典を学ぶ機会でもあります。学生時代に音楽を専攻していない身にとっては、和声学なんて、言葉は知っていてもちんぷんかんぷん。

今回は演奏曲目が少なく(?)、終演後のロビーでのご挨拶に出ることができました。名古屋や豊橋からおいでいただいた方もあり、ほんとに感謝です。寒い中近くの駅から20分もあるいてこられるなど、ありがたい限り。ホールの大きさからはもう少し聴衆が多いといいのだけど、こればかりはなんともしがたい。

肝心の演奏は、どうだったのでしょう。吹いている側からすると、本当にあっという間で、何度も練習を繰返したパッセージも、一瞬のうちに過ぎてしまう。うまくいった!と思うところもあれば、思わぬところで指が滑ったり。さすがに、出間違えたりはなかったけれど、やっぱり終演後は少々の自己嫌悪です。

オーケストラ曲ということもあってか、クラはソロクラを含め、7名ものエキストラさんの応援を得て総勢15名の大所帯。それでも運命では、若干の力不足を感じる場面もありました。配置もオケと同じで、まるでバイオリンやビオラのパート。聞こえてくる音もいつもとは異なる新鮮さがいっぱいでした。


演奏会

昨日、所属している吹奏楽団の演奏会でした。

アマチュアにとっては、数少ない発表の機会ですが、日ごろの練習成果など恰好のいいことばかりではなく、とにかくまともな演奏をすることだけです。その結果はどうだったか。致命的な失敗はなかったけれど、細かなミスもいくつかあったし、練習でできなかった箇所は、本番でできるはずもなく・・・・。せっかくのメロディラインも、やっぱりEの音が出ず、途中で断念してしまいました。リードのせいなのかなあ。(そんなことはあり得ない。全部自分のせい)

あいにくの雨模様で、演奏会の始まるお昼頃にはかなりの本降り。仕事柄というか、チケットを差し上げた方たちは、みんな豊橋やら春日井やら遠方の方ばかり。演奏中は目も悪いし、楽譜を追いかけるのに必死だからわからなかったけれど、来ていただけた様子。雨でずぶぬれになったとそうで、これにも大変申し訳なく…。

演奏会にも600人もの方が来ていただけました。当日券を購入してという方も相当数あったそう。ありがたいことです。

 

前日お昼からのステージ作りや受付周りのセッティング。打楽器の搬入からゲネプロ。そして当日朝からの通し練習と2日間は演奏会尽し。中にはテスト期間中の高校生団員もいて、合間には楽屋で勉強したりと、それぞれの事情の中で準備してきました。

トラで来ていただいているプロの人たちの音を聞くと、なんと自分の音が情けないかよくわかる。低音から高音まで、同じ音の粒というか甘く太い音が響く。指が回るのはともかく、あの音の柔らかさはさすがプロ。思わず「どうすれば」と聞くと、スケールとアルペジオを地道に繰り返すことという、至極当たり前の返事。そりゃそうだ。つまらないけれどやるしかないということらしい。

セミプロのようなアルトクラ吹きによれば、アルトクラのペグも自作したのだとか。取り付け金具だけは楽器屋で購入したけれれど、ベルへのロウ付けは自前。ペグ自体もチタン棒を量り売りで購入して、手のこ!で切断し、グラインダーでしあげたという。いくら仕事が自動車関連の金型加工だとしても、凄すぎる。いくらなんでも楽器にロウ付けする度胸はない。せいぜいタンポとコルク交換くらいだけど、それさえもなかなか手出しが難しいのに。

皆さん本当に立派です。


アンサンブルコンサート

日曜日は、近隣4市の吹奏楽団合同でのアンサンブルコンサート。
コンサートとはいえ、それぞれのチームが10分ずつ交代で演奏するだけ。会場は立派な芸術ホールだったけれど、聴衆は出演待ちの団員らだけ。

肝心の演奏は、ちょっとした事故はあったものの、なんとか2曲を吹き終えました。でも直前の練習時間がわずか10分ほどしかなく、音合わせだけで乗ったステージは、響きがまったくつかめずじまい。客席で聞いていると、残響が長くてワーンと鳴っている感じだったのに、ステージでは生の音だけで、音量もどの程度でいいのか、探っているうちに終わってしまった。2ndだから、7人のメンバーの中央だったからまだよかったみたいで、ほかのメンバーたちは周りの音が聞こえず大変だったらしい。プロなら、どんなステージでも、ちゃんと合わせるのがあたりまえだけど、さすがにそうはいきません。

前夜の合奏で行われた団内発表会では、まずまずの演奏だったと思うけれど、アンサンブルは響きをそろえるよい練習になります。クラパートは、メンバーが増えて、4年ぶりくらいの出演だったらしい。

<アンサンブル曲>
Sevilla
キラキラ星による変奏曲


演奏会の録音

嵐のような一日でしたが、夕方には雨も小やみになりました。
そのせいか、合奏の参加者は少なめでしたが、クラはほぼ全員参加の6名。ちょうど3パートに二人ずつになりましたが、座席順の関係で2ndのトップ側。これが大変。くるみ割り人形の楽譜は、なぜか2ndSoloという楽譜。どうやら1stSoloとともにオーケストラのクラリネット譜をそのままらしい。それで都合、4人は全員違う楽譜。メロディラインの音は高いし、アーキティキレーションは冗談みたいに難しい。耳になじんだ名曲だけに、あらためてオケの管パートの難しさがわかりました。

組曲のうち何曲かは、inAの指定。さすがに瞬時に移調して吹くわけにもいかず…。半音ずつ下げて吹くなんて、とてもできません!!コンミスさんはA管を持っているとかで、来週には持参する。ということは来週もこの曲をやるのか・・。

<合奏練習>

  • ホルスト 第1組曲
  • チャイコフスキー くるみ割り人形

練習時にも話題になりましたが、先に配布された演奏会のビデオ。ブルーレイ画像はさすがにきれいです。PCで再生するには、ドライブやソフトが対応していなければならず、結構ハードルが高い。なぜかバッファローのBDドライブにバンドルされていたPwoerDVD8では、このメディアを再生できなかった(それ以前に、当初は全くメディアを認識できず、考えあぐねた。結果的にはドライブの電源をUSBではなく、ちゃんとACアダプタで供給する必要があった)仕方ないので、PowerDVD11の試用版をダウンロードして、ようやく視聴することができた。購入するにはいくらかかるのかなあ。

ついでながら、BDディスクから、映像と音声をリッピングで取り出すことも挑戦してみました。こちらはシェアウェアのDVDFav HDというソフトを利用。いとも簡単に、チャプターごとにリッピングできました。音声はWMAよりもMP3のほうが少し時間はかかるものの、あとのタグ打ちなどもできるので、よいみたいです。タグ打ちには、mp3infpというエディタを使わせもらいました。iTuineに転送するなら、細かいタグなどは気にしなくてもよいのだけど。DVDFav HDで日本語のタグを付けたら、見事に文字化けしてしまいました。これらの修正もできますね。


定期演奏会

定期演奏会を開催しました。

おりしも東北の大きな地震災害の直後。本当のレクイエムになりました。

前日午後のセッティングとリハーサル、当日午前中からの最後のリハーサルと、演奏会への準備がすすむにつれ、意識もたかまってきます。本番のステージでの演奏は、やはり響きも違うし、音の厚みが心地よい。いつもはなぜか右側の音が聞こえづらいのだけど、ステージではよく聞こえます。反面自分の音が吸い込まれていくようで聞こえづらく、ピッチをそろえるのに苦労しました。

本番直前には、なぜかチューニングのAやBの音が出しづらいという大問題が発生。どうやら下管のタンポが硬くなって息漏れしているよう。
この肝心な時に!と思いつつ、そのまま本番に突入してしまうアクシデント。案の定、ppのBが一呼吸遅れる!?というとんでもないことに。曲間のアナウンスもないため、スワブを通すのやっとでどうにもならなかった。15分間の休憩に入って、リードを変え、キーをあちこちつついているうちに、楽器も温まったためか、なんとか音が出るようになった。なんともデリケートな楽器というか、まだ扱いに慣れない楽器だなあ。

なにはともかく、演奏会は終了しました。始まるまでの練習や準備は長いけれど、開演のブザーが鳴ってしまえば、あっという間。
あれほど練習したフレーズも、さんざん指摘されたハーモニーも、もう一瞬。この一期一会がいいのでしょう。
ベルリオーズで素晴らしいソロを吹いてくれたトロンボーン奏者は、転勤のためこれが最後の演奏会。これも市民楽団ならではの一期一会です。

一方、客席の方はちょっぴり寂しかったです。実数で450人くらいだったらしい。バリバリのクラシックだし、吹奏楽オリジナル曲ばかりの選曲は、その成立過程からも葬送の音楽が多く、やっぱり一般受けはしなかったのかもしれません。演奏する側とすれば、ハーモニーの進行など音楽的におもしろいところは多いのだけど、難しいとかいう以前に知らない曲ばかりではしかたがない。
せっかく来ていただいたゼミ生や職場の同僚の方にご挨拶できなかったのは申し訳なかったです。ステージを降りて、楽器を片づけて・・・としているうちに、帰られてしまったよう。今にきれいな花束などをいただきました。また後ほどご挨拶に伺うことにします。

<演奏曲>
第1部
* メンデルスゾーン 吹奏楽のための序曲
* メンデルスゾーン 葬送行進曲
* ワーグナー 葬送の音楽
* ワーグナー 忠誠行進曲
第2部
* ベルリオーズ  葬送と勝利の交響曲
アンコール
* ワーグナー エルザの大聖堂への行列
* プッチーニ 電気ショック


エグモント序曲

21日は市制40周年記念式典。このオープニングにエグモントを演奏しました。演奏会ではないものの、ホール演奏はやはり響きが違います。式典のためステージには反響板もなく、事前の練習もわずか15分ほど。前夜の練習は参加者が少なくてどうなることかと思われましたが、さすが本番となると意気込みが違いますね。市の幹部や列席者にはどのように響いたかな。

少年少女合唱との合同演奏曲は、短調ながらマーチのような威勢のいい曲。三連符のアルペジオは指が回らず、頭の音だけでごまかしてしまった。ダメですねえ。

来春の定期演奏会に向けて、夜はいつも通りの合奏練習。午前中の式典演奏に疲れたのか、参加者は半分ほどでした。そのためほぼ初見のメンデルスゾーンは、これまたアルペジオの連続で、おまけに一人だけで、やたら目立ってしまった。ほぼ全曲吹き詰めで、練習でさえ口も指もクタクタ。こんなので本番ステージはできるのかな。

先週から取り替えたリガチャは調子いいですねえ。前から使っているリードも、格段に良く響く。その分、ヘタさ加減も良く聞こえるといことかな。
反面リードは、三枚のうち、使えるのは一枚だけ。後のものは、ご分ほど水につけておくといいのだけど、ちょっと口に加えた位ではふきこなせない。乾燥し過ぎのような気もするけれど、もう少し様子をみて見る必要がありそうです。

合奏練習曲
メンデルスゾーン 葬送の音楽
メンデルスゾーン 吹奏楽のための序曲
ワーグナー 葬送曲


劇団との共演

踊る♪披露宴14日は文化協会に加盟団体による舞台公演。タイトルは「踊る 披露宴」。
作・演出・出演は、「劇団上海自転車」の中野菜保子さん。

式典に続く公演では、劇の進行にあわせて、楽団も客席から入場してオケピットに着席するなど、斬新な演出。文化協会の少年少女合唱やオカリナ演奏、奇術やカラオケ、体操や社交ダンスまであって、これらが結婚披露宴の余興という趣向。団体メンバーも客席に座り、劇にあわせて驚いたり立ち上がったり。楽団はずっと出てはいるものの、演奏は4曲のみ。待っている間に楽器は冷えるし、なかなか難しい。

それでも、ほぼ8割ほど埋まった客席からは、盛んに笑い声やカメラのフラッシュが光り、好評だったようです。なにしろ全員でクラッカーを鳴らすのに、事前に消防署の許可を取るほどの念のはいった演出。

来週には、市制40周年記念式典での演奏もあります。がんばりましょ。

〈演奏曲〉
結婚行進曲
エンターティナー(クラリネットアンサンブル)
カルメンよりプレリュード
椿姫より乾杯の歌


演劇とのコラボ

文化協会の40周年記念公演練習が始まりました。テーマは「踊る!披露宴」

ステージのオケピットでの演奏は初めてです。舞台で進行する演劇に合わせて、カルメンや椿姫の抜粋を演奏していく。自分たちは指揮者の指示通り、楽譜通りに演奏するだけですが、出や進行に合わせてのカットなど、指揮者は大変そう。

演劇中心だけど、文化協会の各部会(女性合唱や子どもたちの合唱、体操やフラメンコなども)のメンバーも参加するし、軽音楽によるセッションもある。大勢のメンバにとっては、演出者の指示通り動くだけでも大変。
(ちなみに作・演出の中野菜保子さんは劇団上海自転車を主催する若手。うちの卒業生だったりして。おまけに非常勤講師もお願いしていたり・・・。)

と面白がって見ていたら、なんと吹奏楽のメンバーも演劇に参加するのだとか。入退場も劇の進行に合わせて客席の扉からだし、劇中には役者さんと一緒になって、頭を伏せたり驚いてみたり。

新鮮は新鮮だけど、2時間半の練習中、音を出せたのは20分足らず。音合わせも何もできないから、ピッチもばらばらだし、ほぼ初見のクラアンサンブルのエンターティナーなんて、ぼろぼろ。

自宅であらためて音をさらってはみたけれど、和室では音の響きがない。メトロノームに合わせて正確に吹くのは当然の練習とはいえ、アンサンブルの合奏の楽しさはありません。

とはいえ、次の練習日までには、定期演奏会の難曲をさらっておかなければ。3rdか2ndを担当するらしいけれど、かなりパートの役割やメロディが異なる。3rdは低音中心にユーホやテナーサックスと合わせることが多いけれど、2ndは1stとハモったかたと思えば、オブリガードも多くて大変そう。どのパートでも練習は必要です。


記念式典公演

合奏練習の後、11月の文化協会記念公演と市制40周年記念式典に向けての練習日程や演奏曲目などの紹介がありました。
団長を始め運営委員の人たちは、協会など外部の人たちとの打ち合わせやら、ほんとご苦労様です。式典の雰囲気など詳細は分かりませんが、「踊る♪披露宴」というテーマだそうで、結婚行進曲などをやることに。記念公演なので、乾杯や懇談があるのは分からなくもないのですが、でもコンサートホールでどうやって?その間のBGM曲もあって、いつもとは違う演奏になりそうです。

おまけに式典ですから、バンドはステージではなくオケピットでの演奏になるらしい。これはこれで面白そうだけど、音の響きなどはどうなるのだろう。クラリネット4重奏なんて提案もあったけれど、さて・・・

この公演に向けての練習は、合唱団との合わせもあるため、ほとんどが平日の夜。団員のほとんどは仕事や家庭を抱えていて、土曜夜の練習でもなかなか全員はそろわないのに、大丈夫かな。参加可能人数の確認などもありましたが、早くも不安の声が・・・・。

<合奏練習曲>

  • Mendelssohns, Overture für Harmontemusik OP24
  • Beethoven, Egmont Overture

  • 市民音楽祭本番

    市民音楽祭日曜日は、市民音楽祭でした。土曜日のステージ練習に続き、朝からステージでの練習では、合唱団の方たちとの初顔合わせもありました。
    もっとも、合唱団の方たちはステージ上では最前列に並ばれるため、我々にはほとんど声は聞こえませんでした。合わせ練習も、わずか2回ほど。参加される合唱団も、女声合唱が2団体と、少年少女合唱団の子供たち、ゴスペルグループ3人あわせて50人くらい。いずれも一緒にYELLを歌うのは初めてのよう。どうやら2部声部に分かれているようでしたが、簡単な曲なので大丈夫?なのでしょう。

    開演は14時。各合唱団のステージのあと、我々の出番は15時過ぎ。リハーサル室で待っている時間は長かったですが、その分、各メンバーたちとおにぎりのお弁当を食べながらお話をすることができました。お弁当の時も、自然とパートごとに集まってしまう。面白いものですね。なかなか他のパートの人たちとは話す機会がないのですが、普段の練習では、隣の人と簡単な会話(それも練習曲のこと)くらいしかないので、ちょっと新鮮。ステージ脇で出番を待っているときなどの短い会話で、たがいの年齢をはじめて知ったり。

    これで3月の入団以来、3回目のステージ。まだまだミスも多いし、音程に苦労したり、早いパッセージに指も舌もついていかないけれど、やっぱり楽しいものです。今回はお客さんも少なかったですが、ステージ上の緊張感は心地よい。
    次は11月の市制40周年記念イベント。3月の定期演奏会なんだそう。まだ団のスケジュールもよくわかりませんが、少し間が空くので、この間に楽器のオーバーホールをしようかな。