タグ別アーカイブ: クラリネット

マウスピースを変えてみました

楽器の音色を決めるマウスピースを変えてみました。

B40

今までは初心者向きの定番vandorenの 5RVLyre。3年ほど吹いているけれど、音が明るく華やかなので、もう少しダークな音が出したかった。そこで、おなじくvandoren社のB40を試してみました。

これがいい。

芯のある音で、高音までダークな音が出やすい。もちろんリードの調整もあるけれど、5RVよりは理想の音に近い気がする。ちなみに開きとフェーシングの長さとも、5RVよりかなり大きい。なによりマウスピースの外径が大きくて、今まで使っていたリガチャーのねじをかなり緩めることになる。

モデル名  開きとフェーシング

  •  B40    1.19   やや長い
  •  B40Lyre 1.17 長い
  •  M30    1.15   長い
  •  5RVLyre 1.09   普通
  •  5RV    1.06   やや短い

もっとも各モデルが正確にこの通りにできているのか、加工精度が保障されていなくて、実際にはかなりばらつきがあるのだそう。だからこそ、本当ならちゃんと試奏するべきなんだろうけど、楽器を持っていくのさえ億劫なので、今回は1本しか見てません。

Ligatures

 

ついでに、リガチャーも変えてみました。こちらは、B○社のレーザモデルのコピー品のよう。形は似ているけれど、作りはかなり雑。ま、それでもレーザらしい柔らかい音になるようです。

 

しばらくこの組み合わせでやってみましょ。


マウスピース

アルトクラリネットのマウスピースを買いました。とはいっても、某オークションサイトで中古品を落札。定価15,000円ほどもするのに、ほぼ6分の1くらい。ところが届いてびっくり。ほぼ新品でした。傷もまったくなし。

で、肝心の音はというと、さすがに楽器についていた出所不明のぼろぼろのマウスピースとは比べ物にならない。明らかに豊かで深い音が出る。ただ、B♭クラでの定番型番とおなじ5RVは、やや開きが狭いのか、薄いリードではリードミスが出やすい。ちょっと強くアタックするととたんに音がひっくり返る。というより楽器の性能そのものをストレートに出しているのかもしれない。タンポの調整不足の箇所は、確実に音が乱れるというか、出ない! 今まで無理やりのように鳴らしていたのは、通用しないみたい。ちゃんと楽器の調整をしないとだめですね。

マウスピースとリガチャ、リード、当然ながら自分の奏法と、不安定要素がいっぱい。だからこそ、吹奏楽器というのは面白いのかもしれません。

それにしても、吹くたびに音が変わる。いくら一週間に1回だけしか練習しないとしても、もうちょっと安定しないかなあ。


リード楽器の宿命

久しぶりに名古屋へ出かけたので、楽器店で新しいリードを買ってきた。

今回は初めてのリコのグランドコンサート赤箱。

今までのゴンザレスも悪くはないのだけど、前回あまりあうのがなかったで、ちょっとお試しです。

で、これがすぐには使えない。ひと箱10枚全部を取り出して、コップの水につけてはガラス板にならべ、一枚ずつ5分ほど試し吹き。それぞれ音色も鳴りも違うので、それぞれに印をつけて分類していく。本番用に育てていくものと、練習用に割り切って使うもの。少し手を加えれば使えるようになるかな。今回は初めてのメーカーで厚みもちょっと薄めだったのか、鳴りすぎるようだけど、なんとか4枚ほどは本番用に使えそう。4割とはまずまずの高確率です。

これをしばらく時間をおいて、何度か繰り返す。練習用のものも少し育ててみましょ。面倒だけど、最初で手を抜くと本当に全部が使えなくなる。リード楽器吹きの宿命です。

 

 土曜日の合奏で、なぜか3rdクラのパート譜が足りないことが判明。それで2ndクラのパート譜とスコアを借りてきて、作ることにした。スキャナで読み込んだ2ndの楽譜をもとに、3rdに書き直していく。幸いにも似たような音形が多かったので、30分余りで完成できた。だんだん手慣れてきたけれど、こんな楽譜の準備も結構手間暇がかかるし、大変です。みんなはどうしているのかな。


タンポ交換

演奏会前だというのに、いや、演奏会前だからこそか、楽器の調子がよくない。トリルキーまわりから水があふれてくるし、そのせいかピッチが安定しない。それでよくよくキーを見ると、どうやらタンポが破れているよう。少し吹き続けると、水分を吸って膨らんでしまうようだ。

仕方がないので、仕事帰りに豊橋駅前の楽器店へ飛び込んだ。周辺のタンポ交換3箇所と、前から気になっていたC#キーのコルク調整を依頼。リペアマンが常駐しいていて1時間ほどで修理完了しました。試奏室は貸してくれたけれど、音が響きすぎてよくわからなかった。(~o~) タンポ交換が一箇所につき1500円、コルク貼り替え調整で500円 締めて4750円! なんかちょっと計算があわないけれど、結構高い。ただでさえお金のないときに、また・・・・。

本当は、1月に割れを修理してもらった西尾のお店に行きたかったけれど、車で1時間もかかるし、第一、演奏会前で預け修理をする余裕もない。土日練習だし、平日は仕事となれば、やっぱり近いのが一番。頼りになるリペアマンがいて、ちょこちょこと面倒を見てくれるお店がいいのだけどなあ。タンポの実費は200円程度。その7倍もの技術料を支払うのだから。

お店では、ちょうど野中貿易が出張できていて、ダブルリードフェアの真っ最中。昔から憧れだったファゴットやオーボエ、イングリッシュホルンなどがずらりと並んでいた。次々に試奏しているお客さんがいてうらやましい限り。もっとも今日限り76万!っていわれて、はい、そうですか、というわけにはなかなかいきませんよねえ。それにしてもダブルリードを吹く人って、結構いるのですな。

 

 

 


小物

小物1 吸水シート

吸水シート
吸水シート

楽器は息を入れて吹いているので、内部で結露して垂れてくる。これがホールからあふれてくると、演奏中にプルプルというとんでもない音になるので、練習中でも水取りは欠かせないのだけど、いつも使っている紙(いわゆる脂取り紙とおなじもの)では、吸い取りきれなくなることがある。おまけにすぐに破れてしまうことも。

それで、吸水ポリマーとかいう新開発の布のようなシートを買ってみました。すぐに乾くので繰り返し使えるし、汚れたら洗って使えばいいらしい。

3枚入り 1200円 (Lサイズも同じ値段だった。大きいほうを買えばよかった)

 

 小物2  リード(B♭クラ)

バンドレンリードV12
バンドレンリードV12

こちらは小物とはいえない、重要なもの。リード楽器にとっては、音の命でもある。

今までのゴンザレスリードは、よく鳴ってくれるものの、どうもヘタリが早い。特に高音がすぐに出なくなってしまう(気がする)。FOF(青箱)ではあまり感じなかったのだけど、楽器店が強く勧めるGD(銀箱)にしたら、ちょっと気難しくて、当たりリードが少なくなった。

そこで、定番のバンドレンで、ちょっとお高いV12(銀箱)を買ってみた。お試しなので、バラ売りで2枚だけ。少し育ててみましょう。(リードは買ってきてもすぐに使えないのがつらい)

バラ売り 1枚 305円

 

小物3 リード(アルトクラ)

アルトクラリード
本当はアルトサックス用

こちらも小物とは呼べないけれど、遊び半分のアルトクラリード。バラ売りではなかなか入手できないので、今回はアルトサックス用のリード。メーカもリコのグランドコンサート(赤箱)。厚さは選べないので定番の3。やや硬い印象で、今のマウスピースに合わせるには、調整が必要。こちらも時間をかけて育ててみましょう。

2枚セット 525円

アルトサックス用って、Bクラより安いんだ。

 

アルトクラでは、ストラップもほしかったけれど、当分は、ネームプレート+クリップの手作りストラップで代用しましょう。

こういう小物にお金がかかるのは仕方ないか。


演奏会

昨日、所属している吹奏楽団の演奏会でした。

アマチュアにとっては、数少ない発表の機会ですが、日ごろの練習成果など恰好のいいことばかりではなく、とにかくまともな演奏をすることだけです。その結果はどうだったか。致命的な失敗はなかったけれど、細かなミスもいくつかあったし、練習でできなかった箇所は、本番でできるはずもなく・・・・。せっかくのメロディラインも、やっぱりEの音が出ず、途中で断念してしまいました。リードのせいなのかなあ。(そんなことはあり得ない。全部自分のせい)

あいにくの雨模様で、演奏会の始まるお昼頃にはかなりの本降り。仕事柄というか、チケットを差し上げた方たちは、みんな豊橋やら春日井やら遠方の方ばかり。演奏中は目も悪いし、楽譜を追いかけるのに必死だからわからなかったけれど、来ていただけた様子。雨でずぶぬれになったとそうで、これにも大変申し訳なく…。

演奏会にも600人もの方が来ていただけました。当日券を購入してという方も相当数あったそう。ありがたいことです。

 

前日お昼からのステージ作りや受付周りのセッティング。打楽器の搬入からゲネプロ。そして当日朝からの通し練習と2日間は演奏会尽し。中にはテスト期間中の高校生団員もいて、合間には楽屋で勉強したりと、それぞれの事情の中で準備してきました。

トラで来ていただいているプロの人たちの音を聞くと、なんと自分の音が情けないかよくわかる。低音から高音まで、同じ音の粒というか甘く太い音が響く。指が回るのはともかく、あの音の柔らかさはさすがプロ。思わず「どうすれば」と聞くと、スケールとアルペジオを地道に繰り返すことという、至極当たり前の返事。そりゃそうだ。つまらないけれどやるしかないということらしい。

セミプロのようなアルトクラ吹きによれば、アルトクラのペグも自作したのだとか。取り付け金具だけは楽器屋で購入したけれれど、ベルへのロウ付けは自前。ペグ自体もチタン棒を量り売りで購入して、手のこ!で切断し、グラインダーでしあげたという。いくら仕事が自動車関連の金型加工だとしても、凄すぎる。いくらなんでも楽器にロウ付けする度胸はない。せいぜいタンポとコルク交換くらいだけど、それさえもなかなか手出しが難しいのに。

皆さん本当に立派です。


クラリネットの割れ修理

1月に続いて、B♭クラリネットを修理してもらった。この楽器、フランス・クランポン製のものだけど、製造後30年以上と相当古いこともあって、2年前に手に入れてからも、かなり費用をかけてきた。入手当時はしばらく放置されていたため、完全オーバーホール。すぐに針バネが折れて交換とともにタンポ調整。1年半後に再びタンポ交換と調整。かかった費用を考えれば、中古楽器くらいなら買えたかもしれない!?。

で、今回2か所の管体割れ。それもどちらも数センチにも及ぶ割れ。どうして?35年物のYAMAHAでは割れるなんて考えたこともなかった。

 

今回は、西尾の楽器店にお願いしました。ここは、楽団のメンバーたちもよく利用しているらしい。

絵画店も兼ねていることもあって、お店では試奏はできなかったのだけど、持ち帰って早速吹いてみた。割れ修理だけでなく、タンポの交換や調整などもいろいろやってくれて、ぶら下がり気味だった音程も改善している。今まで、2か所のお店に3度も調整に出しているのに、どうしても直らなかったクラリオン音域の音程が安定している!!。最低音も下がらなくなってる! これはうれしい!
ケースにメモが入っていて、依頼した割れ2か所とレジスターパイプの修理のほか、タンポの交換2か所、不良タンポ調整7か所・・・。これは助かりますねえ。修理の担当者とは、預けた時と完成の時、電話で話すことができました。大きな楽器店や専門店でも、修理担当の方と直接話をすることはあまりなかったのだけど、地方の小さなお店だからこそかもしれません。

ちなみに、修理代金は当初見積もりの通り、8,500円。またお小遣いが飛んでいく。大切に使わなきゃいけません。

 

 


アルトクラリネットタンポ交換

注文していたアルトクラリネットのタンポが届き、なんとか息漏れするタンポの交換は終了。無事、音階が吹けるようになってきました。

アルトクラリネットタンポ楽器店は、Yahooや楽天オンラインショップに出店している宮地楽器さん。オンラインショップにはB♭クラのものしかなかったけれど、メールで問い合わせたら、親切に注文票を送ってくれました。Selmer純正のものはないそうなので、代わりにシャヌーというメーカーのもの。白革で0.5mm刻みで7mmから33mmまで。茶皮では1mm刻みで、9mmから38mmまで。穴空きやリベット付のものもありました。ちゃんとサイズ別に子袋に入れてあって、丁寧に包装してあります。1個から送ってくれる。

今回は白革のものを、数種類(11mmや13mmなど)送ってもらいました。22mm以下なら1個420円。これに送料と代引き手数料が加算される。穴あきのものも同じ値段でした。

タンポホールにあててみると、きちんと収まります。万が一入らないよりは、と、11mmと10.5mmを送ってもらったけれど、11mmでぴったり。若干皮が堅く感じられて、ホールによっては、完全にふさぎきれていない様な個所もあるけれど、しばらくなじませると、落ち着いてくるでしょう。
シェラックは、クランポンなど最近では透明のものを使うようだけど、学生時代のストックがあったので茶色の棒状のものを削って使った。カップが大きくて、シェラックの適量がわかりにくく、なかなか溶けてくれない。それでも5個のタンポ交換で、約1時間。ほかにも交換したいタンポはあるけれど、とりあえず音が出たので良しとしよう。

タンポを張り替えると、隙間調整のためのコルクも調整が必要になってくる。いくつかのコルクは、ボロボロになっていたり、あるべきところになかったり。コルクは1mm厚の天然コルクが、これまた学生時代のストックがまだ十分に残っていて、これをカッターナイフで刻んでは、ボンドで貼り付け。乾いてからやすりで厚み調整。アルトは、レジスターキーなどの調整箇所には、調整用にネジが付いていて、B♭クラより簡単です。

スケールを鳴らしてみると、ネックを全部入れた状態では、かなりピッチが高い。5mm位も抜いて442Hzに。そうすると今度は、低音のB(inE♭記譜ではG)あたりから下がりすぎる。ハイB以上では、穴空きタンポの効果があって、これを半開きにすることで、音色も音程も安定する。さすが。バランスを取るには、下管のタンポ調整も必要かもしれないけれど、また今度です。

あ。肝心の音色については、比較の音源がなくて、比べようがありません。B♭クラのイメージからすると、太いというより、ちょっと間が抜けたような深みがない音のような気がする。楽器固有の問題やマウスピース、リード、何よりも吹き手の問題など、音は奥が深い。さて、どんな音に育てていけるでしょうか。合奏デビューできる日は来るかなあ。

 


また割れた!

自分の下手なのは棚に上げておいて、楽器のせいにしたがるのは罰あたりとは思う。でも別の楽器なら音程も下がらないのに、なぜこちらの楽器は・・と思う。自分の吹き方が悪いのだと思いつつも、どうしても音程が下がる。チューナーで測ってみたらnB♭で、G♯、A、A♯は10セント近く低いときもある。

 

 

 

うーむ。

それでふと思いついて、上管のレジスターキーホールについているパイプを内側からちょっと押してみたら、何の抵抗もなくぽんと飛び出してきた。実は、これ、もう一本の楽器を楽器店で見てもらったときに、教えてもらった。古い楽器だとよくあるんだとか。これが原因かどうかはともかく、修理はしないと。

と思ってよく見たら、なんと、木部に3cmものヘアライン割れが…。

げげげ。また修理だ。またお金が・・・・・。今度はいくらかかるんだろう。


音が出た

アルトクラリネットの音が出るようになった。
楽器店で分けてもらったレザータンポは、結局、一つしかサイズが合わなかった。もともとついていたタンポを持って行って、同じ大きさのタンポを4つ買ってきた(サイズに関わらず、1ヶ420円)。これがカップに合わずに入らない。フィッシュスキンタンポより、フェルトの下に入っている紙が大きいみたい。しかたなく、手持ちのB♭クラ用のフィッシュスキンタンポで代用した。ドーナツ状のタンポも在庫がなかったので、これも普通のタンポで。だいたい、なんで1ケだけドーナツ状なんだろう?交換したタンポ

何年振りかのタンポ交換作業。バーナーもないので、台所にあったチーズフォンデュ用のアルコールランプで代用。案の定、炎のサイズ調節に失敗して、一つタンポを焦がしてしまった。調整用のへらなんてないから、大型のカッターナイフの刃でこれも代用。まあ、それでもなんとかタンポ交換は終了。

これらをあらためて組み付け。B♭クラよりサイズが大きい分、バネなどの力加減が難しいのと、組み立て手順を間違えると、ネジやバネが取り付けられないキーが出る。それでもほぼ3時間ほどで、組み立ては完了。

慣れない大きさの楽器に戸惑いながらも吹くと、まあそれらしい音が出た!。B♭クラでは出せない低音域も、バスクラに近い太い音で鳴り響く。クラリネット族のアンサンブルには欲しい音でしょう。
タンポの調整やキーの曲がりなどを少しずつ調整して、シャルモー音域は音階も吹けるようになった。最低音付近の音程が低くなる傾向があるものの、これは吹きこんでいくしかないでしょう。ドーナツ状のタンポを普通のもので代用した部分(左手人差し指)も、あまり影響はないよう?

問題は、クラリオン音域。なぜかファより上の音が出ない。どうやら焦がしたタンポから漏れているよう。今度はちゃんとサイズを測って買ってこなければ。アンカーペグがないので、ストラップも何とかしないと、右手の親指が悲鳴を上げて、とても吹いていられない。

これで合奏に使えるかは、まだまったくの未知数。アルトクラリネットらしい音というのもよくわからない。なによりB♭音階しか吹いたことがないので、E♭音階はどうにも違和感がある。実音との読み替えも、指を折って考えないとできないし。
何はともかく、しばらく吹きこんでみましょ。

それにしても、予想以上に息がいる。低音域は特に、震えるほどの鳴りとともに息を支えるお腹が震える。これは腹筋の訓練にもなるかも!!

 

交換用のタンポは、楽器店で取り寄せてもらえる。普通のB♭クラ用なら、1本分をセットで販売していることもある。YAMAHAのもので3,000円くらい。でもさすがに、アルトクラ用は見たことがない。取り寄せとはいえ、一個400円余はちょっと高い。一本分では1万円近くになる。で、ネットを探してみたら、アメリカにはちゃんと通販サイトがあった。もとはドイツのメーカーのようで、販売サイトはアメリカにあった。prestini アルトクラ用のレザーセットで16$(なぜかBクラ用の一番高いスキンPremiumは19$)。円高だから1,500円もしない。でも国際配送料が37$もかかる。ちょっと考えてしまうけど注文してみようかなあ。