ワンボタンスイッチの逆転回路

常時閉回路のスイッチで、押したときだけOnになるように、正逆を逆転させる回路を考えてみた。素人回路なので、どうなるやら。

relaysw

SWは、常時閉回路のスイッチなので、これが平常時。SWを押すと、回路が開いて、Key部分に接続された出力回路が短絡する(はず)。リレー上側の発光ダイオードは、動作確認用なので、常時は左側が点灯し、SWを押したら右側が点灯する(はず)。

リレーコイルに電流が流れっぱなしになるのが気になるところだけど、3Vの電源で50mA程度だった。これでいいのかな。電池容量からするとちょっと心配。

簡単に回路を組んでみたところ、うまくいっているよう。ただ、実際にスイッチを接続して押し込んでみると、どうもリレーが完全にOn/Off動作しない。押し込んでもKey側がOnにならず、動作確認用のダイオードが弱く光ってる?なぜでしょう?


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください